いま何時?

最近のトラックバック

サプライズ

« 大河ドラマ「平清盛」再放送!3話「源平の御曹司」 | トップページ | 大河ドラマ「平清盛」再放送!5話「海賊討伐」 »

大河ドラマ「平清盛」再放送!4話「殿上の闇討ち」

北面の武士になった清盛
ここで生涯の友・佐藤義清(のちの西行)と出会う

D0017307_0134650happy01

北面の武士とは上皇にお仕えし、その警護にあたる男たち
良家の士族にして文武両道かつ容姿端麗な武士の花…なんですって

武道はもちろん化粧をしたり、歌会の感想まで言わされるとは…
良家の武士もたいへんだ
のちに歌人となった義清に至っては堀川局(百人一首の人ですよね)の歌に意見を言ったりして…
叱られるどころか皆さんに感心されてしまうほどの出来
凡人のAKIには良し悪しが全くわかりませぬdespair

一方朝廷ではまたまた璋子が…
「先の院と密通し、子を産み、朕の子として帝の位につかせたことを詫びてくれまいか?」と言う鳥羽院に対しあっさり詫びる
「そなたという女は…。」と言い残し去っていく院
「璋子さま、何ということを…。」と飛んで入ってくる堀川局
「えっ?」と怪訝顔の璋子
この人は重症ですsweat01

そして平氏では…
忠盛が武士で初の殿上人になったと一門が両手を上げて盛り上がるが、
「王家に取り入れられ、出世をして何になる」と思う清盛だけはひとり宴の中に入れないでいた

一方源氏では…
「忠盛に先を越された」とやけになって酒を飲む為義
「忠盛の父に我が父を殺されて、それからじゃ。」と…
そんな父に義朝が弓を弾いて言う
「源氏が平氏におくれをとったは、ひとえに父上の不甲斐なさ故にでございましょう。父上が不甲斐ない故、私は北面にも入れず、同じ年ごろの者におくれをとったのです。」
どうにもならない苛立ちは理解できるけど、父に弓を弾く姿は親族を殺し続けた源氏の歴史と重なります

そして藤原摂関家の再興を狙う藤原忠実は武士が殿上人になることなど受け入れられず
祝いの宴に現れた忠盛に舞を躍らせ辱める
屈辱を味わいながらも顔色ひとつ変えない忠盛に次なる忠実の一手…
朝廷に取り入れられようと必死な源為義に忠盛の闇討ちを勧めたのです
殿上での暗殺は不甲斐なく未遂に終わる
その様子をハラハラしながら見守る清盛と義朝の御曹司たち
「わしは王家の犬では終わりたくないのだ。」
朝廷よりも上に行くことを考えていた父の思いを初めて知った清盛

父の帰りをひとり「破れ門」で待つ清盛

08

そこへ馬に跨った父が現れる

「いつから思っていたのですか?王家の犬で終わりたくないと…。」

「おまえを我が子として育てようと決めたときからだ。赤子のおまえをこの腕に抱き、平太と呼びかけたとき、わしの心に揺らぐことなき軸ができたのじゃ。」

孤独だった清盛だけど、このとき父だけは信じられる人になったんじゃないかな?

Photo

父の本当の気持ちを知ってまたひとつ成長した清盛
心温まる素敵なシーンですが、AKIには他の理由で特別な思い入れがありまして…
それは岩手県江刺市でクランクインしたばかりのロケを見学させてもらったのがここでした
ほんの数m先に衣装を身に着けた中井さんとケンイチくんが談笑していて
撮影に呼ばれてここのシーンを撮り、戻ってきてまた談笑
それが3回ほど続きました
今までロケなど見たことがなかったAKI
「こんな風にこれから1年以上撮っていくのか~」と思ったのと同時にますます放送開始が楽しみになったのでした

« 大河ドラマ「平清盛」再放送!3話「源平の御曹司」 | トップページ | 大河ドラマ「平清盛」再放送!5話「海賊討伐」 »

ケンイチくん TV」カテゴリの記事

コメント

この回を見て「北面の武士」を知りました
警護だけでなく、身なりに気を付けたり、歌の素養もなければいけないとは…大変。
清盛くんの「今朝は濡れているな」に( *´艸`)

>父の本当の気持ちを知ってまたひとつ成長した清盛
心温まる素敵なシーンですが、AKIには他の理由で特別な思い入れがありまして…
それは岩手県江刺市でクランクインしたばかりのロケを見学させてもらったのがここでした

出番待ちで中井さんと楽しそうにお話するケンちゃんを思いだしますね
あの時は、こんな良いシーンだとは思いもしませんでした、「清盛、何でこんなに汚いんだ?」と思ってました('◇')
門の所で居眠りしている清盛、馬に乗って帰って来る忠盛
ただただパパ盛がカッコよく、それをキラキラした眼差しで見ている清盛が可愛い
第1回からの「心の軸」の話がいいです
舞を舞う忠盛も素敵でした。

>お京さんへ

>この回を見て「北面の武士」を知りました
警護だけでなく、身なりに気を付けたり、歌の素養もなければいけないとは…大変。
清盛くんの「今朝は濡れているな」に( *´艸`)

「北面の武士」だけに限らず、人名、物の名前、官位や役職などたくさん学んだドラマです
ここの時代だけは任せて!(*^ー゚)bって感じです

武士なのに歌の感想を言わされるってビックリですよね?
義清ほどはまた特殊なんでしょうけど…
清盛みたいな人がいてくれるとホッとしますよね…(笑
でも後に地位が上がって歌会に呼ばれることになって困るんですけどね…(^-^;


>出番待ちで中井さんと楽しそうにお話するケンちゃんを思いだしますね
あの時は、こんな良いシーンだとは思いもしませんでした、「清盛、何でこんなに汚いんだ?」と思ってました('◇')

そうそう…
平氏だから綺麗な恰好と思い込んでいましたが、あんな汚い時代もあったとは…
中井さんは殿上人になってその時は武士として最上級衣装を着てて、顔もこちらに向けていたけれど、背中を向けている人は誰?髪は白髪(コンスターチでしたが)だけど、足は若そう…ってしばらく悩んでましたよね(笑
そのうち椅子を鉄アレイみたいにして筋トレをし始めて…
私が「あれは絶対ケンイチくん!」って確信して…(笑
あ~懐かしいなぁ
また何かのロケを一緒に見学したいですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297211/69712472

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ「平清盛」再放送!4話「殿上の闇討ち」:

« 大河ドラマ「平清盛」再放送!3話「源平の御曹司」 | トップページ | 大河ドラマ「平清盛」再放送!5話「海賊討伐」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

松山ケンイチ

  • 2012_12
    AKIが独断と偏見で選んだケンちゃんの画像の置き場! リニューアルしました。 見てね!
無料ブログはココログ