いま何時?

最近のトラックバック

サプライズ

« 2016年4月 | トップページ | 2017年2月 »

2016年6月

蜷川実花写真展

「めざましテレビ」の録画を見ていたら蜷川実花さんの写真展の情報が…

Photo

「へぇ~、蜷川さん、またイケメンの写真集、出すんだ~」とながら見をするAKI

坂口健太郎くんに…

Photo_2

窪田正孝くん

Photo_3

そして斉藤工さん

Photo_4

「ん~~、今をトキメクイケメン俳優さんだね~」とながら見をするAKI

「ん?」
…とAKIのセンサーが働いて巻き戻した

Photo_5

実際には画面に小さく出ていただけなんだけど…
「この人…ケンイチく・ん?似てるけど…」
…としばらくガン見していると
画面の端に「matsuyama」の切れた文字を発見!
「ケンイチくんだ!up
AKIのセンサーを褒めてあげたくなった

この写真展、渋谷パルコ パート1 3Fで6/18~7/4開催
今頃報道で気づくというトホホなAKIですが、早速行って来ました

会場は一部を除き、撮影可能good

「ふたがしら2」で共演したばかりの早乙女太一くんの色気たっぷりな写真が飾られていました

Photo_6

他にも村上淳さん、大森南朋さん、新井浩文さん、妻夫木聡さん、伊勢谷友介さん、玉木宏さん、鈴木亮平さん、綾野剛くん、東出昌大さんなど過去にケンイチくんと共演された方たちのステキな写真もあり…

実花さんのお言葉通り「イケメン迷路」になっておりましたheart04

ケンイチくんは残念ながら撮影禁止になっていたので、先行販売で購入した写真集の中から…

Photo_7

Photo_8


AKIはこれが一番好きheart04

Photo_9

写真の傍には実花さんとの対談記事があって、それによるとどうやらこの撮影、ケンイチくんが1か月のオーストラリア旅行から帰った2日後だったみたい

妻夫木くんのところにも”新作「ジャッジ」”っていう記述があったし、結構前から撮りためたものみたいですね

写真集は6/30発売ですよ!






ポンペイ壁画展

只今、森アーツセンターギャラリーで開催中の「ポンペイ壁画展」に行ってきました

00086083

2010年4月、当時「テルマエ・ロマエ」に嵌っていたこともあって古代ローマに興味をもっていました
そんな時、地元・横浜美術館で「ポンペイ展」が開催(その時の記事はこちら
それを見てからというものポンペイには強く惹かれているのですheart04

Ponpei_10

まず、壁に描かれていたフレスコ画がどうやって運ばれて来たのか気になるところです

最近の技術の進歩により、表面だけ剥ぎ取り、軽いパネルに打ち付けることが可能に…
もちろん良い環境で保存することによって現在もこの美しい色彩が保たれているんですね

Ponpei_00

これらの絵が描かれたのは、日本の弥生時代に当たります

まだまだ原始的な生活
ようやく稲作文化が大陸から入り定住生活を始めた頃
ローマではこんなに素晴らしい絵が富裕層の室内を飾っていたなんて…
国の発展の差に驚かされます

壁画の多くは切り取られて小さな額に入れられていたり、残念ながらパズルのピースが足りないような感じになってしまっていてちょっと残念

Ponpei_06

Ponpei_07_2

こんなに繊細な色彩を出せる顔料が気になります

Ponpei_09

紫はホラ貝、朱色は鉱石、藍色はインド産の植物から作られていたようですよ

室内の掲示に「壁画の赤は元々黄色だった」という記述がありました    
AKIを含め傍にいた方たちも「どういうこと?」

…というのは、ヴェスビオ火山噴火の際に流出したガスと高温によって、もともと黄色だった色素が赤に変化したものもあったようです

正真正銘の赤との区別は専門家でも難しいらしく
そのためか?赤の印象が強く…
元は黄色だったのか?赤色だったのか?を想像してみるのも楽しいですね

それから絵画に使われた内容のほとんどはギリシャ神話
ローマ神話はほとんどありません
富裕層のローマ人にとってギリシャ神話が必須の教養だったようです

そしてポンペイは葡萄酒の産地ということでギリシャ神話の酒神・ディオニュソスがたくさん描かれているのだそうです




絵画を見る目なし、ギリシャ神話にもローマ神話にも詳しくないので掘り下げて書くことができず、音声ガイドと掲示板からの内容だけ…と上澄みのような記事で申し訳ありませんsweat01
「もっと詳しく知りたい!」という方はぜひ「ポンペイ壁画」で検索してみてください
素晴らしい内容がたくさん出てきます

「聖の青春」キャスト発表!

昨夜遅く、偶然ネットで見つけてしまった「はやドキ! 松山ケンイチ情報」の文字!
「何だろう?ケンイチくん情報って…」
それに関して他局の放送予定はなさそう…

翌朝一番に「はやドキ!」の録画を再生
あっ、「聖の青春」のキャストが発表されたのねshine

聖さんの宿敵・羽生善治さん役には東出昌大さん

L_kuro_160617murayama01

東出さんが掛けている眼鏡は1996年史上初7冠独占達成時に羽生さんが掛けていたものだとか…
ケンイチくん演じるさ聖さんに負けず劣らず「羽生さんがいる」って思いました

そして他のキャストも…

L_kuro_160617murayama02

AKIが気になっていた師匠・森信雄さん役にはリリー・フランキーさん
大きな愛情で聖さんを生涯支えた方です

実際の森さんはどんな人?と探してみると…

Imgc_4413d3e9d

( ´艸`)プププ
森さんのブログを見つけてしまいました(最初は別の森さんかと思ってしまったsweat01
こちらもぜひ(森さんの人となりが少しわかる感じがします)

そして聖さんのお父さん役には北見敏之さん(画像右下)
ケンイチくんとは「セクロボ」の1話で共演した方ですね!

聖さんのお母さん役には竹下景子さん
AKIはもう少しふくよかな方を想像していたんですが…

弟弟子・江川貢役に染谷将太くん

病床の聖さんをサポートするプロ棋士・橘正一郎役に安田顕さん
(この中で一番棋士っぽいって思いました(笑 安田さんとの共演は嬉しいな)

東京に出てきた聖さんと交流するプロ棋士・荒崎学役に柄本時生くん
(時生くんとの共演、多いなぁ)

「東京の師匠」として聖さんを支える将棋連盟の職員・橋口陽二役に筒井道隆さん
(わぁ~、ゴッホとアムンゼンの2ショットが見られるheart04

森さんと羽生さん以外は画像を見つけられなかったのが残念down

でも豪華な顔ぶれにこの秋の公開がますます楽しみになってきましたup

…ってあれ?
「はやドキ!」松山ケンイチ情報はどこ?
ケンイチくんの画像も…名前すら出てきてないじゃんannoy

予告のなかった「ZIP」はしっかり放送
しかも「松山さん主演の…」と紹介し、ケンイチくんの熱演も付いてたし…

東出さんは今、旬な俳優さんではあるけれど、映画の方もちゃんと紹介してほしいな…
お願いします

京都一人旅 その4

最終日、この日の予定は京都駅からそう遠くない神社、仏閣を3か所

「早くから行動すれば、夕方の新幹線までに行って来られるかも?」と
またまた「ふたがしら」のロケ地を加えホテルを出発!

最初の目的地は「伏見稲荷大社」
外国人観光客に一番人気のある場所なんだそうで、やっぱり今までで一番多かったかも?
AKIも「ここにはぜひ行っておきたい」と計画途中で1泊増やしました

133_2

136

こちらに来たかった一番の理由は「千本鳥居」
TVや雑誌で見たことはあるけれど、実際歩いてみると圧巻の一言

137

数十cm間隔で山の上の方まで続いています(ガイドには所要2時間と書かれていました)
鳥居の中は一方通行
ところどころ引き返せるようになっていて、AKIは3か所鳥居群を潜ったところで帰ってきちゃいました

138

この景色を見ると「そうだ、京都へ行こう!」のCMを思い出します
(実際にあったのかは不明だけど…)

139

ここから京都駅経由で地下鉄に乗って東山へ
地下鉄に乗るのもすっかり慣れましたscissors

「平安神宮」

144

147

148

境内の神苑(庭園)は年に一度無料開放日
偶然とはいえラッキー!
苑内は結構な人混み
皆さんはちゃんとチェックされてたのかな?
「普段もこれだけ入ってくれればいいんだけどねsweat01」と苦笑いの職員さん

花菖蒲と睡蓮が見頃を迎えていました

20140606165900576

155

ちょうど挙式を終えた花婿、花嫁さんに遭遇
いいお天気で白無垢がパールのような輝きshine
ジューンブライド…末永くお幸せにheart04

ここから歩きで「南禅寺」
「平安神宮」からは一本道

「おや?白河院?白河ってあの白河法皇のこと?え~~~!」

156

白河法皇が1075年に平安京の東郊(こちら)に法勝寺を建立
その後、震災や火災などがあって廃寺
大正時代に豪商が買い取り、建物と庭園を設け、現在は宿泊施設として使われているみたいです

住居というわけではないけれど、アノ白河法皇が関わっているとわかっただけでちょっと嬉しい!

157

もちろんこの時思い浮かべたのは、伊東四朗さんの白河法皇です(笑

0c151e0f

ここから少し先へ行くと「南禅寺」

159

この「三門」は歌舞伎の「楼門五三桐」の中で石川五右衛門が「絶景かな絶景かな……」と言った場所
でも実際は石川五右衛門の死後30年以上経ってから建築されたもので史実ではありません

そしてここで見ておきたかった「水路閣」

163

明治23年に作られたアーチ橋
琵琶湖の湖水を京都市内に通すためのもので全長93.2メートル、高さ14メートル
この水路閣の橋上には今も琵琶湖の湖水が流れています
ドラマによく使われる場所で、サスペンスドラマでは犯人が最後の告白をするシーンに出てくるらしいです(笑

ここから電車を乗り継いで比叡山方面へ
あの有名な比叡山延暦寺まで行くケーブルカー乗り場を通り過ぎ(こんなところまで見ないのは勿体ないけど、時間がないから仕方ないdespair)急坂を数分上った先に…
「ふたがしら」のロケ地「日吉天満宮」があります

164

165_2

ドラマの中では江戸という設定(実際は滋賀県)で
赤目の親方が好きな場所

第1話では弁蔵・宗次が自分たちの一味を作ると決意したり…

3

「いい景色だねぇ~」と弁蔵がおこん姐さん(菜々緒さん)と出会った場所であり…

2

現赤目の親方・甚三郎(成宮寛貴くん)と何かと出くわしてしまう場所であったりと
「ふたがしら」では重要な場所

最終回のラストシーンもここでした

4

「ふたがしら2」でも使われているといいなheart04

前赤目の親方や弁蔵、宗次…たぶんおこん姐さんも好きなここからの眺め
ドラマではCGで江戸の町にされているけれど
琵琶湖が間近に見えてほんとに「いい景色だねぇ~」なんです

166

AKI、生まれて初めて琵琶湖を見ました
この景色を見てすぐに思い浮かんだのが浅井長政の三女・江のこと
「この景色を見て育ったのかぁ~」って…

もちろんケンイチくんも何度となくこの素晴らしい景色を見たはず
同じ景色を眺められるのはほんとに幸せheart04


京都一人旅はここで終わり

只今撮影中の「ふたがしら2」も「彦根城」や「梅宮大社」など新たなロケ地情報が続々届いています
それらを見に、また来られたらいいな…heart04

京都一人旅 その3

この日の予定は祇園方面
…に加えて、懲りもせず「ふたがしら」のロケ地「仁和寺」にも足を延ばしてみようなどと思ってしまって…sweat01
急遽行程に加え、予定を繰り上げて早々チェックアウト

京都も3日目ともなると市バスに乗ることのハードルが低くなり
「1本で行かれるし、清水寺までバスで行くか…」とまたまた予定を変更

京都駅前は通勤・通学する人に加えて修学旅行生もすでに行動していて(早っ!)
結構な人混みwobbly

「五条坂」で修学旅行生とともにバスを降り「清水寺」

89

ひぇ~~~!構内はもっと修学旅行生だらけだった

清水の舞台からの眺め
「ン十年前に来たのに、すっかり忘れてるなぁ」

90

下に小さく見えている有名な「音羽の滝」
向かって左から「学問成就の水」「恋愛成就の水」「延命長寿の水」
AKIは迷わず「延命長寿の水」をいただきました(他を飲んでも今からじゃねぇcoldsweats01

94

天気が良かったので舞台からの眺めも最高でした!

95

次の目的地は「幕末維新ミュージアム」

ガイドに小さく載っていた場所だけに案内板にも書かれてなくて四苦八苦
(しかも結構距離があるsweat01
手元の地図と案内板を幾度も照らし合わせ、行っては戻るを繰り返す
とうとうお土産屋さんのお姉さんに道を尋ね、ようやく辿り着きました
いやはや一体、何倍歩いたんだろう…?

ミュージアムの手前で大きな観音様を見つけました
「霊山観音」だそうです

98_2

そしてこちらが「幕末維新ミュージアム」

O0600039812138595453

館内は撮影禁止だったのでこちらをご覧ください

砲弾や木刀、火縄銃などを実際に触ってみることができたり…
近江屋事件を模型で再現していたり…
等身大の坂本龍馬が立っていたり…(体毛までリアルに再現されています)
結構見ごたえありました!(頑張って歩いた甲斐があったhappy01

それから…このミュージアムの隣には坂本龍馬、中岡慎太郎をはじめ多くの幕末の志士たちのお墓があります(有料)

お土産屋さんで「八坂神社」への行き方を教えてもらったおかげで今度は迷わずに到着good

101

ここからケンイチくん御用達のコロッケ屋「きっちん」さんへ
いやぁ~「六波羅蜜寺」の傍だとは分かっていても中々見つけられず相当歩き廻りましたwobbly

そのおかげで…というべきか
「崇徳天皇御廟」を偶然見つけてしまいました!(ラッキーheart04

102

崇徳天皇といえば…
保元の乱で敗れ讃岐へ流刑
その後、都への還幸を願うも信西に拒絶され、憤怒した天皇は爪も髪も切らず、形相凄まじく、生きながらにして天狗になったと伝承されていて…

大河ドラマでは井浦新さんの熱演
素晴らしかったな…

Img_1

天皇の寵愛が厚かった阿波内侍が遺髪を請い受けて一塚を築き、亡き天皇の霊を慰めたと伝えられている場所だそうです

…で、コロッケ屋「きっちん」さんですよ
もっと向こうに行こうと思っていたら「おやっ?」って感じで見つけてしまいましたwobbly(ダメ過ぎ)

103

店内は思っていた以上に狭く(ごめんなさいsweat01
男性客がお一人で一杯やっていました
不安になって「こちらで食べられますか?」と伺うと「どうぞ、どうぞ」と椅子を勧められホッ!
事前に調べてこちらでお昼を…と思っていたんだけど、そんな感じではなく…
ケンイチくんが好きだと言っていた「じゃこのコロッケ」を注文しました
コロッケが揚がるまでの十数分
店内をキョロキョロ
ありました!…ケンイチくんのサイン

20130209223129b71

しかしながらたくさん貼られていたメッセージはもうなくなっていて、雑誌の記事が1枚と
お店の前で撮った記念写真があるだけでした…

出来立てアツアツのじゃこコロッケは、すでに醤油で味付けされていて何も付けなくてもgood
すごくおいしかったのでもっといろいろ注文すればよかったと後悔(揚げるのに結構時間がかかるのよ)

「きっちん」さんを後に「六波羅蜜寺」

104

106

ケンイチくんの大河出演が決まってからずっとここに来たかった
AKI的にはやっぱり清盛といえば六波羅蜜寺のイメージだったから…

ようやく…ようやく来られたよ~

06

宝物館にある「清盛坐像」もずっと見てみたかった…
拝観者はAKIだけ
なのに係の方がいて居づらい雰囲気だったけど、清盛さんの前にしばらく居座りましたbleah(だってこれ見たさに横浜から来たと言っても過言じゃなかったから…)

01

次は「建仁寺」

107
ここは珍しく境内撮影可で…
「風神雷神金屏風」やら…

108

見事な中庭やら…

110

「雲龍の襖」やらを拝ませていただき…

109

最後にここで一番見たかった「双龍図」

116

暗いお堂の天井いっぱいに描かれてます!

「さぁ、お昼の時間もだいぶ過ぎたし、さすがに何か食べなくては…」
この日も予定が狂ってレストランを探すことに…

「何とかバスに乗る前にみつけたい!」
京阪線四条駅付近を歩いているとメニューが豊富そうなレストランを発見!
「ここにしよう!」

「レストラン菊水」さん

Ky_kikusui_2

店内に入ると「いらしゃいませ~」と高級ホテルのウエイターのような恰好をした人に出くわし…
「場違いだった?」とちょっと焦る
それもそのはず
大正5年創業の老舗洋食レストランだそうで、階上には宴会場やビアガーデンがあったり、本格的なお料理が食べられたりするみたい

AKIが入った一階はいたって庶民的good
スィーツもたくさんあって目は食べたかったけど、最近のAKIはだいぶ小食で…(歳のせい?)
「日替わりランチ」のみで我慢しましたsad トホホ

そして四条からバスに乗り「仁和寺」

119

120

一通り境内を廻ったあと「ロケ地はどこだろう?」とキョロキョロしていたら「あっ!」
第1話 昔なじみの亀吉とのシーン

Photo_4

121

同じく第1話 赤目の手下が追っかけてきたシーンもここで撮られてます

Photo

どちらも人が通らない敷地の片隅でした



この日の晩、祇園でケンイチくんの目撃情報が…

「あ~、日中散々祇園あたりを歩いてたのにぃ…晩とはツイてないsad


4日目(最終日)は市内観光のあと大津まで足を延ばしました

京都一人旅 その2

早朝急に思い立って、前日「ふたがしら2」のロケがあった「今宮神社」へ行ってみることに…
急な変更…大丈夫?

まずは嵐山「天龍寺」のそばにある「竹林の道」

新緑のこの時期にぜひ見てみたかった
フロントで行き方を記した地図をいただき、出発!

49_2

こんな風景が約200mほど続いているんですよ
まだ観光するには早い時間だったので人通りはほとんどなく、景色をゆっくり堪能

空の青と 朝日に照らされた緑のコントラストも そよ風で揺れる竹の葉音も気持ちいい!

「竹林の道」を抜けて次は「祇王寺」
祇王…そう、平清盛に寵愛された白拍子の祇王です

Photo

その祇王が白拍子・仏御前の訪問によって清盛の屋敷を追い出され、母と祇女とともに暮らした庵が「祇王寺」なんです
のちには危機を感じた仏御前も一緒に暮らしたいたようですよ

これはぜひとも見ておかなければ…

「竹林の道」を出た時点で右なのか?左なのか?キョロキョロ
ちょうどお掃除をしていたおばさんがいらっしゃったので道を丁寧に教えていただきました
テクテク…20分弱 
「やっと着いた~~~~!」…と思ったら門が閉まっている!!!
小さな庵だから無料だと思ってた~!
30分 門の前で立ち尽くすAKI (せっかく早く出てきたのにな…)

ようやく開園
もちろん拝観はAKI一人

54

新緑と苔ですごくステキでしょ?
紅葉の時期はもっとステキでしょうね…

六波羅からここまでは結構な距離
よくここまで来たな…
ここに4人でひっそりと暮らしていたのね…

55

清盛、祇王、祇女が供養されています
天窓からの景色もステキでした

庵の隣には清盛の供養塔と祇王、祇女、母のお墓がありました

58

駅から相当離れているので「駅まではバスで…」と思ったら、調べる間もなく乗るべきバスが行ってしまい…なんてツイてないdowndown

だいぶ時間のロスをして電車に乗り、次は「今宮神社」へ
「○系統のバスで行くみたい」と今度は飛び乗った
「今宮神社」までは10弱ほど
…ってだいぶ乗ったのに全然着かない
バスの中で再度調べてみても、やっぱり止まるみたい
そんなことをしているうちに、次に行こうと思ってた「銀閣寺」に着いてしまったsweat01(なんで?)
どうやら循環してる逆方向に乗ってしまったみたい

順番は逆になってしまったけど、とりあえずOKかな?

59

やっぱりここも修学旅行生でいっぱい!(定番だからね)
AKIも中学の時に来ているんだけど、庭園を囲むようにある細い順路の記憶は全くなく…
AKIを含む一般客は修学旅行生の列を縫うように見学sad
わずかな距離なのに結構たいへんでしたsweat01

…で、ようやく「今宮神社」ですよ

今度は無事着きましたgood

バス停を降りるとすぐに鳥居があって、長い参道が続いていて…

62

5分ほど歩くとようやく門が…

63

この日は残念ながらロケはなくdownフリマがやってました
(この日のロケは彦根城だったみたい…ロケ範囲広いなぁ)

こういう陰に隠れた場所ってドラマに使うのでは?と思って撮ってきました

70

事前に松友さんから「ここのあぶり餅がおいしいからぜひ」と教えていただいたのに
すっかり忘れ食べ損なってしまったのがすごく心残りdespair(たぶん次はないな…)
これです…

57230

本当に残念だぁdown

急に行程を変更したせいで昼食に決めていたお店も変更
お店を探すのが苦手なAKI 「さぁ、どうしよう…」

次の目的地、清盛の別邸があった「若一神社」の近くをウロウロしていたら
小さな洋食屋さんに目が留まった

「ぱ・らんて」さん

Original

西大路七条バス停近くにあります
本日の定食「かしわのすき焼き」をいただきました

71

ボリュームが凄すぎて完食できなかったけどすごくおいしいかったです(オススメ!)

ここから7分ほど歩くと清盛の別邸があった「若一神社」

「ここに清盛さんいらっしゃったのかぁ…heart04

74

73

75_2

祇王の歌碑がありました

77

「祇王寺」には清盛の供養塔があったり、この神社には祇王の歌碑があったり…
「繋がってるな」って感じがして幸せな気分になりましたheart04

そしてこの日最後の目的地「三十三間堂」

Photo_2

ここも清盛ゆかりの地
1164年、後白河法皇の命をうけ、御所内に清盛が建立したものです

大河ドラマでは第31話「伊豆の流人」の中でそのシーンがあります
法皇や清盛が歩いているシーンがなかったのが残念

82

そうそう…「三十三間堂」シーンといえば
大河ドラマ 第4話「殿上の闇討ち」で清盛のお父上・忠盛が鳥羽上皇に「得長寿院」を献上する場面があるんですが、あれはもしや「三十三間堂」が使われていたかもしれません…
のちに清盛が「三十三間堂」のモデルにしたらしく、見分けがつかないほどそっくりでした
(余談ですみません)

本堂の中の1000体の観音像はもちろん圧巻でしたが、その前で読経されている方や長く手を合わせ拝む方が多くいらっしゃって、他の神社・仏閣とは違いすごく厳かな空気でした

3日目は祇園方面へ

京都一人旅 その1

2月の「珍遊記」公開以降、目新しい情報がなかったケンイチくんもようやく始動!
京都周辺で「ふたがしら2」(WOWOW 9月放送予定)の撮影が始まりました!!
なので、AKIもケンイチくんのいる京都へheart04
…って、さすがにそんな行動的なAKIではなく…(笑)
閑散期を狙ったら偶然にも撮影と重なったのです(でも嬉しいhappy02

中学の修学旅行以来の京都、21歳以来の一人旅
全く土地勘なし、超方向音痴のAKIだけど、今回は不安より期待の方が大きく、いざ出発heart01

新横浜駅の新幹線改札口を抜けようと切符を入れると「ピンポーン」???
すかさず駅員さんに駆けつけられました
何故鳴ったのか?
乗車券を重複して買ってしまっていたようです…しかも帰りの分までwobbly
すでに乗車券の方は使用してしまっていたのでちょっと手続きが厄介なことに…
初っ端からやらかしてしまいましたsweat01
時間に余裕があったのが不幸中の幸い
それでも時間の関係上、新横浜駅では行きの切符のみ
帰りの分は京都駅で…ということに  トホホ

京都まで2時間(なんて近いんだ!)
切符の手続きで少々の時間のロス(致し方無い)
その後、荷物を預けようと駅構内のデリバリーサービスを探すもウロウロ
ようやく見つけて手配完了good

さあ、観光の始まりだ!
まずは地下鉄に乗って「清明神社」を目指す
地下鉄乗り場は難なくクリア
しかし神社の最寄り駅を降りたらやっぱりわからん??
羽生結弦くん人気で有名になった場所だけど、住宅街にある小さな神社
看板なし
仕方なく道行くおじいさんに尋ね、丁寧教えていただき、どうにか到着 フゥ~

01_2

実は安倍清明、大好きheart04
清明ものの映画やドラマは絶対見ちゃうAKI
京都に行ったら絶対外せない場所だっただけに感激!
小さな神社だからあまり人はいないだろうと思っていたらとんでもない
修学旅行生を含め、結構参拝されてましたcoldsweats01
土産物屋で3種セットのキーホルダーを買ってしまった

そこから市バスに乗って「金閣寺」
バスの中は超混みwobbly
地元の年配の方たちは毎日こんなバスに乗ってるの?
そう思ったらすごくお気の毒に感じてしまいました

バス停でどっと降りた人はアリの行列みたいに門へ
門から金閣寺の順路とずっと繋がっていて怖いくらい
「全然閑散期じゃないじゃんsad

お天気に恵まれたこの日の金閣寺は輝いていました!05

金閣寺を後に
「昼食はここにしよう!」と決めていたお店は2か月間の臨時休業downdown
歩き廻った末に見つけたカフェ

07harbarcafe

ミックスサンドとアイスコーヒー、当たりでしたgood

ここから嵐電に乗って「太秦映画村」
昨年「ふたがしら」のロケ地で使っていた場所
もちろん今回も使っているはず ワクワクheart02

ここでは出発直前にメールをいただいたことから関西在住の松友さんとご一緒することに…
最寄り駅で待ち合わせ
半年ぶりの再会heart04

門を抜けると東映撮影所の建物群 キョロキョロ

11

15

「ケンイチくんたち、撮影中だったりして…」などと思いながら歩いてましたが…
この日は今宮神社でロケだったと夜に判明down ザンネン

園内にはオープンセットがズラリ
いきなり江戸時代にタイムスリップしたよう

20

24

無料の催しもいくつかあって
「忍者ショー」やら「チャンバラ」やら「大道芸」やら「シネマ・スタジオライブ」やら結構楽しめました
中でも一番良かったのは「女優さん解説付きの散策ツアー」
そこかしこに最近撮影に使ったと思われる痕跡を教えていただきました
(きっと「ふたがしら2」ね!)
いろいろカメラに収めてきたけど、暖簾や看板を変えられたら果たして分かるんだろうか?

27

29

女優さんがおっしゃるには暖簾や看板、ご当地名物を出したりすれば「水戸黄門」全編をここで撮るのは可能なんだとか…
まずは「ふたがしら」から見直してみようっと

32

34


閉園間近まで映画村を目一杯楽しみ、阪急線で自宅へ戻ることにした松友さんと共に嵐山へ
お見送りがてら明日観光予定だった「渡月橋」を一緒に渡る

39

雑誌やTVでは何度も見たことがあったけど…
夕日に照らされた景色は思っていた以上に綺麗だった

渡月橋を渡ったところの公園で松友さんとはお別れ
たぶん一人で映画村に行ってたら、催しもろくに見ないでそこらをパシパシカメラに収めて帰ってたんだろうな…
松友さんのおかげで何倍も楽しめました(感謝です)

2日目は嵐山からの観光です

« 2016年4月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

松山ケンイチ

  • 2012_12
    AKIが独断と偏見で選んだケンちゃんの画像の置き場! リニューアルしました。 見てね!
無料ブログはココログ