いま何時?

最近のトラックバック

サプライズ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

お誕生日おめでとう!

今日はケンイチくんの31回目のお誕生日~note

2016dmenu011

おめでとうございま~す sign01
今年は我が家でもお祝いしましたよ(ケーキが食べたい意見に押されてcoldsweats01

Photo

今年は記念すべきファン歴10年sign01
あっという間だったな…と思う一方で
抱えきれないほどの思い出や、かけがえのない松友さんたちができ…
最近のチケット取りや試写会応募事情を覚え…
ケンイチくんが新しい役に挑戦することで漫画や将棋や落語など未知だった世界が広がったり…
ケンイチくんグッズ作りたさに画像加工にまで手を出したりして…(先日娘・kikuには「ここまで(PCの)腕になるとは…お母さんは嬉しいよcrying」と言われましたcoldsweats01

俳優にハマったのはケンイチくんが初めて、芸能人に夢中になったのも高校生以来だったけど…
もし、「デスノ」でケンイチくんを見つけなかったら今のAKIはどうしていたんだろうと思うと怖くなる今日この頃
何か夢中になれるものを見つけていたのかな?
それとも暇を持て余しているのかな?
どちらにしても今のAKIの生活はないわけで…
そう思うとケンイチくんのおかげで幸せな日々を迎えられていると言っても過言ではなさそう…
ケンイチくんに感謝です!m(_ _)m

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

そして2010年から始め、(AKIの中では)すっかり恒例になった「ケンイチくんのお誕生日には思い出を作ろう!」
今年は「歌舞伎座」へ行ってきました!

01

「歌舞伎ってお高いんでしょう?」「やっぱり正装なんでしょう?」などと思っていたので
足が遠のいていたんですが…
たまたまTVの特集に目が止まって
「一幕だけでも」「ジーンズでも」goodっていうことがわかり、歌舞伎デビューしてみることにしました

am10:00(この日開演はam11:00~)チケットを求める列の並び… ←確実に見たいもであればお早めに

「見られるのは一幕だけ?」「売店は?トイレは?」「チッケト、ゲットしたあとはどうすればいいの?」次々出てくる疑問
でも大丈夫good
こちらが聞かなくてもみ~んな説明してくれます
外国人もいらしゃってて、特に問題なさそうだったし…
お・も・て・な・しの心が行き届いた歌舞伎座の職員さんたちに脱帽でした

只今、公演しているのはこれ

Kabukiza_201603fffl_b2291c8a3bc2605

AKIは二幕続けて
「寿曽我対面」と「女戻駕」「俄獅子」を見ました ←昼の部はまとめて購入することができます
中村橋之助さん、中村勘九郎さんが出演されていましたhappy02

会場の様子(4F席から) ←公演中は撮影禁止です

02

続いて隣接するタワーの5Fにあるギャラリーへ ←当日分の公演チケットを見せると\100引き
舞台の小道具、大道具がズラリ

0401

0805

0603

同じ階に屋上庭園もありますよ

20130411085717_utyb0rgihm

130411ot02


日中数時間で廻れ、ちょっと優雅な気分に浸れるコースでオススメです

「珍遊記」初日舞台挨拶 in 川崎 【ネタバレあり】

注)こちらも上映後の舞台挨拶のため、ネタバレありです

…ですが、マスコミの入らない回だったので、いつも以上にぶっちゃけトーク満載です!

新宿に続き、こちらもMCはお笑いグループ「鬼ヶ島」のおおかわらさん

Photo_8

登壇前に何故か声援の練習をさせられましたsweat01

MC:松山~!

会場:ケンイチ~!

MC:いいですね~。溝端~!

会場:淳平~!

MC:あ~、いいですね~!それでは出演者をお呼びしたいと思います。どうぞ~!

舞台上手から脚本家・松原秀さんを先頭に溝端淳平さん、ケンイチくん、温水洋一さん、山口雄大監督が登壇

そしていきなり!

MC:溝端~!

会場:淳平~!

溝端くん:この人、さっきまでカンペを持っていたんで取り上げました。
      そしたらこんな訳のわからないことになった。

MC:今日…一部はバルト9で報道陣がいっぱいいたんですが、川崎はマスコミがいないとい
   うことで、皆さんに言いたい放題喋りますからね。期待ですよ!
   それでは一言ずつ皆さんにご挨拶を…。

ケンイチくん:松山です。今日はどうもありがとうございます。
         女性の方が多いような気がするんですけど、よっぽどチ○コが…。(会場 笑)

Photo_9

MC:よしなさい!マスコミいないとすぐこれ!

ケンイチくん:今日はよろしくお願いします。

溝端くん:本当に女性が多いですね~。やっぱ皆さん、好きなんですか?(会場 笑)

11560x600

MC:やめなさい、あなたも!

溝端くん:クズの役で、ウ○コみたいな役をやらせていただきました。
      今日は短い時間ですが、楽しんでください。

温水さん:松山くんと溝端くんの次、俺でいいのかな?

16560x600

MC:素晴らしいバランスだと思います。

温水さん:世界最強の中村泰造役をやらせていただきました。
       こんなにたくさん集まっていただきまして…松山くんと溝端くん目当てなのかな?

MC:いやいやいや。

温水さん:よろしくお願いします。

MC:今回、脚本を2人でやらせていただいたもう一人、今「おそ松さん」をやってる松原くん。

松原さん:脚本をやらせていただきました松原です。
       クズのような脚本を書かせてもらって…ただひたすら楽しかったです。
       不慣れな部分がありますが、今日はよろしくお願いします。

Photo


監督:「変態仮面2」にようこそいらっしゃいました。(会場 笑)

Photo_2

MC:ちがいます、「珍遊記」

監督:あ~、「珍遊記」ね。ウ○コ、チ○チ○の映画にありがとうございます。
    ウ○コとかチ○チ○とかたくさん言ってる映画は中々ないと思いますけど、実は「隠し
    ウ○コ」がたくさんありますので、何回か見ていただけると嬉しいです。

ここからは会場からの質問コーナーになりました

ケンイチくん:僕も質問あるんですよ。

MC:じゃあ、それはあとでということで…。

Q1:素晴らしい映画でした。

監督:頭、おかしいんじゃないですか?(会場 笑)

MC:監督!

監督:おもしろいはいいけど、素晴らしくはないでしょう?

Q1:松山さんに質問があります。役作りの参考にしたものはありますか?

MC:いいことを聞いてくれました。

ケンイチくん:そうですね。これは普通に答えられます。
         まず監督に言われたのは「無責任男」の植木等さん、「七人の侍」の菊千代の
         三船敏郎さん。
         …で、僕の中では千原せいじさん(会場 笑)
         表情の作り方とかは松岡修造さん(会場 笑)
         修造さんの日めくりカレンダーを見てました。(会場 笑)

MC:最初のアニメーションのところにそれが反映されてるとおっしゃっていましたね。
   
ケンイチくん:あと最後の「クリフハンガ~」っていうのは、アニメの「グレンラガン」の必殺技を
         参考にしました。

MC:次の質問!

ケンイチくん:下ネタでもいいですからね。(会場 笑)

監督:今回に限ってですよ!

Q2:(溝端くんに)付け鼻はどうでしたか?

溝端くん:あのブタ鼻ですか?僕はすげぇ可愛いなと…。そういうことじゃないのかな?

MC:付け心地とかですか?

Q2:そうです。

溝端くん:付け心地は…良くはなかったです。(会場 笑)

Q2:どうやって付けたんですか?

溝端くん:あれは特殊メイクでシリコンを貼り付けて…。
      撮影後半「普通の鼻よりそっちの方がいい」って言われちゃって…。

MC:見慣れちゃいましたもんね。それでラーメン屋に行ったりもしてましたよね。

ケンイチくん:龍翔に太郎がパンチした時に、服が破けるとか思いませんでした?

MC:何の話、してるんですか!

ケンイチくん:裸になるとか…。
         あそこではならなかったんですよね?← ”ほぼ”全員 パンチ=裸でした

監督:なるほど~確かに。

MC:龍翔は裸になってないんだ…。松山さんは溝端さんに裸になってほしかったんだ。
   じゃあ、せっかくだから脱いじゃいます?今。(会場 拍手)

監督:さすがにそれは頭、おかしいでしょ?

溝端くん:過去の龍翔が僕は好きです。

MC:あ~、丸めがねのね~「…だっぺ」とか言う…。

監督:ちなみに(太郎の過去のシーン)ピエールさんが連れているトイ・プードルは、現場でた
    またま通りかかったやつです。(会場 ザワザワ)
    たまたまおっさんがトイ・プードル連れてたから交渉して出させてもらった。

MC:すごいですね。ノリで出しちゃう。
   次に質問。

ケンイチさん:(Q3の方を見て)なんか龍翔軍団にいそうですね。

監督:次の続編で酒場のシーン、出ちゃいます?

Q3:こんにちは!

ケンイチくん:こんにちは!

Q3:やばい!

監督:やばいって自分で手を挙げたんだからね。

Q3:松山さんに質問です。大ファンです。

ケンイチくん:ありがとうございます。

Q3:大好きです。

ケンイチくん:ありがとうございます。

MC:いや、質問は?

監督:思いを伝える場じゃないから…。ねるとんか!あ、ねるとん古いか…。(会場 笑)

ケンイチくん:僕、結婚してるんですよ。

MC:まじめに答えちゃったよ!

監督:ふられました!

MC:じゃあ、次の方に…。(会場 ここまでずっと爆笑)

監督:質問あります?

Q3:映画の中で印象に残ってるシーンは?

ケンイチくん:今回いろいろ難しいところはたくさんあったんですけど、その中でも楽しかった
         のは、温水さんとのアクションシーン。
         あそこはもうちょっとやりたかったです。
         温水さんはめちゃくちゃアクション上手いんですよ!(笑)

温水さん:いえいえいえ。

ケンイチくん:見ていただいてわかると思うんですけど、あれ、ほとんどスタントなしですから
         ね。
         撮影の時間はアクションだと結構かかるんですよね?
         でも時間が許すんだったあと2倍くらいやっていたかったなって思いました。
         すごく戦い甲斐のある史上最強の生き物でした。

MC:生き物なの?(会場 笑)
   あそこは格好良かったですよね。
   もっと踏み込んだ質問していいですよ。

監督:そうですよ…下(しも)とか…。

MC:みんな雑誌の記者みたいな質問しかしないから…。

監督:温水さんにももっと答えられない質問を…。とても答えられないようなのを…。

Q4:初めて松山さんにお会いして、とっても興奮してます。

MC:だから質問は!!(会場 笑)

Q4:すみません。松山ケンイチさんに質問です。「聖(ひじり)の青春」で…。

ケンイチくん:あっ、「聖(さとし)の青春」です。

Q4:すみません…何も知らなくて…。

ケンイチくん:村山聖っていうプロ棋士の役ですね。

Q4:将棋に興味がなくて、すみません。

ケンイチくん:映画見たら好きになると思いますよ。見てください。

Q4:すみません…ぼけてて…。
   「聖の青春」でだいぶプックリされてたんですけど、戻されたみたいで一段と素敵です。

ケンイチくん:あっ、ありがとうございます。

Q4:何kg、落とされたんですか?

監督:ギリ質問ですね。

ケンイチくん:あんまり計ってないんですよ。やっぱり数字より見た目なんですよね。
         あんまり数字に拘っちゃうと、皆さんも経験あると思いますけど、少しの数字の
         増減で一喜一憂するじゃないですか?それが面倒くさいなと思って…。

Q4:試写会で「珍遊記」を見て、これで2度目なんですけど…。

ケンイチくん:ありがとうございます。

Q4:新宿バルト9から東京在住なのに川崎まで来ました。

MC:だいぶ押しつけてくる人だな~。(会場 笑)

Q4:人生初のケンイチさんの追っかけです。あの~皆さん…。

MC:もう、裏でやれよ!(会場 笑)

Q4:長々すみません。(拍手)

MC:次の質問。

Q5:こんにちは。

MC:暗っ!(会場 笑)

Q5:温水さんはアル中ですか?(会場 笑)

温水さん:役作りでアル中になりました。

MC:あ~、本当になっちゃったんですね。役作りのために…。さすが役者さん。
   本当は違いますよね?

温水さん:本当は違います。お酒は好きですけどね…。

MC:飲んだら変わったりされるんですか?

温水さん:強くなります。

監督:飲んでも暴れたりしないんでしょ?

温水さん:暴れたりはしないです。

MC:忘年会の時は淡々と…。そんなに酒豪って感じではないですよね?
   そんなに変わらないですね。

ケンイチくんからの質問

ケンイチくん:(松原さんとおおかわらさんに)どっちがメインの脚本なんですか?

MC:それ、取材でも受けたんですけど、松原さんはアニメの脚本をやってて…。

ケンイチくん:「おそ松さん」ですよね?

MC:その前は「銀魂」をやっていたんで、僕より先輩だったんですよ。
   まず僕がワ~と書いて、それをうまく調整してくれたのが松原さんで…。
   だからぶつかることもなく…。

監督:おおかわらさんはコントですよね?
    セリフがワ~と書いてあって、間にト書きを入れてまとめてく…。

ケンイチくん:わからなかったのは書いてるのかどうか…。(笑)
         いつも意気揚々と「脚本担当しました」って出てくるんですけど…。

MC:松山くん、そうおっしゃいますけど…ゴースト使うならもうちょっと知名度のあるゴースト使
          いますよね?
          訳分からない人連れてきてゴーストにする必要もないですから…。

ケンイチくん:あ~、そうなんだ。

松原さん?:あんまり納得してないみたいですけど…。

MC:頑張って書いたんですよ。ずっと2人でね?← 松原さんに同意を求める

ケンイチくん:監督がさっき裏で「次は松原さんとピエール瀧さんと2人でやりたいな」って…。

MC:ちょっと入れてくださいよ!

監督:さっき(ピエールさんが)「今度脚本書く時は俺も入れてよ…アイデア出すからさ」って
    言ってたんで…。
    やっぱり瀧さんの方がいいよね?

MC:でも松山さんさっきは「おおかわらさんは必要だ」っておっしゃてたじゃないですか?

ケンイチくん:必要ですよ…ニコニコ生動画の時に。

MC:何で!

監督:舞台の時だけ来ていいから…。

ケンイチくん:書いてたんですね。

MC:書いてましたよ。
   松山くんと最初会った時に「芸人さんが書いた脚本で少し違う感じがしました」って言って
   くれたのを各所で自慢してたんですから…。

ケンイチくん:最初全然違ってたんですよね?
         太郎がすごくツッコンでいたり、玄奘もツッコミ返したりとか…結構テンションも
         高い感じで…。

MC:ちょっと尺がね。

監督:キャラが崩壊してたって言いたいんでしょ?

ケンイチくん:これじゃ、まずいなっていう…。

監督:「キャラクターがこれじゃ演じづらいな」って言ってたんですよ。

MC:そこは松原くんがうまく調整してくれたんですよ。

監督:ラストの質問なんで、ツッコンだ質問できるよっていう方、いますか?

初男性が指名され…

Q6:思ったより女性がたくさんいて、ドキドキしてるんですけど…。
   皆さん、どのくらい原作が好きだったのか?
   漫☆画太郎さんの作品だから是非とも出てみたいと思ったのか?
   ウ○コ、チ○コを連呼したかったのか?
   温水さんは原作を読まれたのかな?と思って…。

温水さん:読みましたよ。

Q6:インパクトはどんな感じだったんですか?

温水さん:監督とはこの前に「ババアソーン」っていう画太郎さんの作品をやってて、今回の
       原作を読んで中村泰造にそっくりなのでそのままやろうと思いました。

Q6:「ババアソーン」見てませんでした。すみません。

温水さん:お願いします。

監督:中村泰造っていうのは、画太郎さんの「珍遊記」の編集者の名前なんです。

ケンイチくん:僕はすごく落ち込んだ時や苦しい時とか悲しいことがあった時には漫☆画太郎
         さんの画像検索をします。そうするととてもハッピーな気持ちになれます。

MC:なるほどね。

ケンイチくん:僕は「ラスカル」が一番好きです。←カルピス劇場のこれらしい

Photo_3

ケンイチくん:皆さんも「漫☆画太郎」って画像検索してみてください。
         すごくネガティブでもそれを吹き飛ばすパワーがありますから…。

監督:もし漫画を読まれてなかったら、昨日から再刊されていて、コンビニで売ってますの
    で…。
    一週間毎に全3巻、発行されます。もう絶版になっていたんですよ。
    やっと今回の公開で発売されたので原作も見てもらえるといいな。
    あっ、電子コミックも出ます。

MC:溝端さんって画太郎先生の作品、初めてですか?

溝端くん:「珍遊記」は知っていたんですけど、ちゃんと読んだのは初めてで…。
      「オリジナルキャラで良かった」って思いました。(笑)

監督:画太郎の漫画ってこういう顔して出てこないよね?

MC:それがまたギャップで良かったっていう…。

監督:そうそう。

溝端くん:画力には負けないって、ずっと力入れてました。
      猪木みたいな顔のところありましたもんね。

監督:ポイントアップ!(溝端くんが)あんなにはっちゃけてるの見たことないもんね。

MC:一人二役のところはすごくおもしろかったです。(会場 笑)

溝端くん:楽しかったです。

MC:最後に一言、松山さんから…。

ケンイチくん:皆さんも見ていただいて分かると思いますが、何も残らない映画です。(会場 
         笑)
         規制もかかってないので、この映画3歳から見られます。
         教育上悪いところないですよね?
         ただチ○コ、ウ○コがちょっとあるだけで、あと裸が出てきたりしますけど、今
         後その子どもはいい方向に成長できると思うので…。(会場 ザワザワ)
         教育映画だと思って、ここにまた来ていただけたら有り難いです。
         今日はどうもありがとうございました。


今回の舞台挨拶はケンイチくんの発言もしっかりあり、ぶっちゃけトーク満載で満足、満足!

「珍遊記」の番宣はネット関係(ネットラジオ、ニコニコ、アメーバ等)が主で、慣れないことばかり、アタフタの連続でした (@Д@; カンベンシテ~!

年の初めから「の・ようなものの ようなもの」「珍遊記」と公開続きで大忙しだっただけに、「珍遊記」が初日を迎えた今、AKIの心は”祭りのあと”のよう…
秋までは何もないのかしら?
ケンイチくん、新しいお仕事の発表、お待ちしております

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

松山ケンイチ

  • 2012_12
    AKIが独断と偏見で選んだケンちゃんの画像の置き場! リニューアルしました。 見てね!
無料ブログはココログ