いま何時?

最近のトラックバック

サプライズ

« 松ケン、セミになる!? | トップページ | 平清盛 「兎丸無念」 »

穂村弘・角田光代著 「異性」

51txrlem53l__sl500_aa300_

春に『王様のブランチ』のBOOKコーナーで紹介され、即購入した本です。
40代のお二人が10代、20代の若者のように異性の行動、言動について往復書簡風に書かれたエッセイです。
AKIと同世代のお二人なので、文章の中に出てくる『若い頃』もまさにドンピシャリで首を縦に振り通し。
あまりの面白さに2回続けて読んでしまったほどですcoldsweats01

どなたかがこの本についてこんな風に書いてました。
それは思春期の思考回路からとっくに卒業してると思っている人ほど刺さるだろう。「古傷が疼く」どころじゃない、解決したと思っていた問題があの頃のまま生々しさで迫ってくる。バカにしてると足をすくわれる、それぞれの中に潜む14歳が否応なく目覚めてしまうような一冊。

まさにこの言葉だけで説明が済むような…。

AKIが好きな箇所を少しだけ紹介します。


・女は変化をおそれ、男は固定おそれる?

 
付き合っていて大概の女性が「私のこと好き?ず~と好き?一生好き?」と訊くことから上記のようになるらしい。ちなみにAKIは一度もそれを言ったことがないし、それを思ったこともない。
そして大概の男性は答えを渋る。たぶんそれは別れの際に責められることを避けるためで「ず~と」はないと思っているからだろう。

しかしその意見を受け取った穂村さんは…
だけどリストラにあって自殺するのは圧倒的に男性が多いし、ある年齢以降に妻に先立たれた男性は数年で死んでしまうというデータもある。

それに対し、女性はリストラで自殺したなんて訊かないし、夫が死んだあとも生き生きと生活している。また妊娠・出産という大変化も乗り切る。

変化に弱いのは僕らの方じゃないのか?
破局でふられた女よりふられた男の方がずっと苦しいのではないか?

・恋愛カースト制度

綺麗な子、オシャレな子、スリムな子は、当然もてる。
しかしそのモテがあまりに顕著だと、女子世界ではカーストが落ちてしまう場合がある。
一番恐ろしいのは、中途半端に綺麗な子が、もてたいがためにもっと綺麗に見せようとするともう確実に嫌われ、嫌われるだけならまだしもハブにされる。

一方穂村さんは…
髪型に悩む友達を見て、髪型なんてどちらにしても君自身がいなくなっても気づかれないだろう。だから悩む必要は全くない。私自身も、間違いなくこの次元で生きている。クラスの人気者が賭に負けて丸刈りにしてきても、人気者は人気者。その格好良さは少しも翳ることはない。

・おごられ女、割り勘女

どうやら世の中にはデート費用を男が出すべきと信じている女性と、割り勘がふつうと思っている女性がいる。女性が何歳だろうがはじめてのデートで男におごられ、その後もずっとおごられ続ければ、その人にとってそれが「ふつう」になる。
おごりでも割り勘でも女性の反応に大差はない。

自分にはずっと割り勘だった男が別の女性にはずっとおごっていることがあった。
それは愛情面で『自分<別の女性』なのか?そう思うとすっごく悔しい。

一方穂村さんは…
なるほど、女性側からすると自分はいつも「割り勘」なのに別の女性が同じ男から「おごり」であることを知ったら、がっかりしたり不満に思うに違いない。それを愛情の差によるものと考えても無理もない。
でもそれは誤解だ。少なくても私の場合は、女性側の「ふつう」オーラに抗えなくて、結果的にそのような結果になっていることが大きい。好きとか大事とかいうのとは、また別の問題なのである。

…と一部抜粋してみましたが、どう思われたでしょうか?

AKI的には若かりし日に思い当たるところあり、「そうだったのか!!」とこの歳で初めて気づくことあり…で、この本を読んでいる間は乙女にタイムスリップしたような幸せな時間を味わえましたlovely
軽い気分で読めるおすすめ本です。

« 松ケン、セミになる!? | トップページ | 平清盛 「兎丸無念」 »

AKI おすすめ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297211/47308509

この記事へのトラックバック一覧です: 穂村弘・角田光代著 「異性」:

« 松ケン、セミになる!? | トップページ | 平清盛 「兎丸無念」 »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
フォト

松山ケンイチ

  • 2012_12
    AKIが独断と偏見で選んだケンちゃんの画像の置き場! リニューアルしました。 見てね!
無料ブログはココログ