いま何時?

最近のトラックバック

サプライズ

« 2011年8月 | トップページ | 2012年4月 »

2011年9月

映画「僕らは世界を変えることはできない」

10/23から公開の今、最も旬な俳優・向井理くんの初主演映画『僕らは世界を変えることはできない』を見てきましたsign01

Bokuseka

これを見ようと思ったのにはきっかけがありました。
もちろん主演が向井くんという不純(?)な気持ちもありましたが、助演に映画『人間失格』で見つけてしまった柄本明さんのご長男・柄本佑くんも共演していたこと。
そして一番の理由は向井くんがデビュー当時に『ウルルン…』でカンボジアのあるご家庭を訪ね、少し前に放送された同番組再会SPで同じご家庭を訪ね、それを見た時にすご~~~く感動してしまって…crying
その番組と繋がりがあったのかなかったのかは分かりませんが、3人の医大生+チャラ男が平凡な日常を送る毎日に物足りなさを感じ、偶然立ち寄った郵便局で見つけた『カンボジアに小学校を建てようsign01』というポスターに興味を持ったことから話が始まります。

AKIにとってもカンボジアという国は馴染みが薄く、『ウルルン…』を見た時に世界で一番多く地雷が埋まっている国でその被害は多く、また地雷を撤去しなければ農地を手に入れることが出来ず、干ばつや水害など農作物を育てるには過酷な気候の国だということをその番組で知った次第です。

映画は若者たちがカンボジアに小学校を建てるために奮闘するというストーリーはあるもののドキュメンタリータッチで、小学校を建てるに当たって現地を見に行った方がいいだろうと軽い気持ちでカンボジアに向かった4人の若者が、現地のガイドに案内されながら見聞きするカンボジアの現実に言葉を失うシーンや現地の人たちとのシーンは演技ではなかったように見え、見てるこちらにも強く心に響きました。

Bokutachi04

先ほども書いた地雷が多く埋まっている現実。
小学校に通っていない子どもが多いこの国では、地雷の警告の看板が読めずに被害に遭う人が後を絶ちません。
またエイズ患者が多いのも現実です。
未だ治療する術が見つかっていないこの病。
入院患者の中にはマラリアや心の病も併発している方も少なくないようです。
そして一番AKIが衝撃を受けたのがポルポト政権下の大虐殺。
『ポルポト』という名前だけは聞いたことがありましたが、それがカンボジアでしかもそんな惨いことが行われていたことをこの映画で知り、言葉を失いました。
その虐殺が行われたのは当時高校だった場所を改造した『トゥール・スレーン収容所』。
まさに映画で説明があった場面が載ったサイトがありましたので貼り付けておきますね。

日本には戦争で亡くなった方の遺影や遺品が展示されている資料館はありますが、こういう資料館ってないですよね。
カンボジアの人たちもこの悲惨な事実を決して忘れないように、まさに虐殺があったその場所に残しているんだそうです。
まだ歴史が浅くて至るところに生々しい虐待の跡が今も残っているのですが、やはり月日とともに自然の力で消えかかっています。

1

カンボジアに小学校を1校建てても確かにあまり変わらないかもしれません。
しかも学校ができても家の仕事の手伝いがあって学校に通うことのできない子どもがいるのも事実。
そして世界に目を向ければ先進国の力を借りたい国はたくさんあって、その問題も様々。
でも何もしなければ前に勧めないのも事実。
ちなみにカンボジアにある小学校6700校のうち700校が日本人が建てたものなんだそうです。

カンボジアの子どもたちは確かに日本の子どもたちのように物に恵まれていないかもしれません。
でもどの子も目の輝きはとっても幸せに満ちていましたsign01
家族と一緒にいることの幸せ。
勉強できることの幸せ。
1日1日元気で過ごせたことの幸せ。
日本人が忘れかけている幸せに気づいているんですよね…きっと。

Convert

この映画は事実に基づいた映画でこの4人の大学生が小学校の建設に関わったあとの記述もありました。(もしかしたらそこは事実ではないかもしれませんが…coldsweats01
映画を見終わって思ったんです。
最初は『恵まれない国のために何かやってあげたいsign01』…そんなちょっと上から目線とこもあったかもしれない4人だけど、実際はそのことから得たものの方が多かったのではないかと…。
その証拠に4人の現在はカンボジアで経験した出来事で大きく変わりましたから…。

なかなかこんな壮大な経験をする人は少ないかもしれませんが、自分が経験したことが後の道を決めるきっかけになるってことは意外と多いのかもしれません…。
かく言う我が家にも自分の生まれ落ちた家の環境から自分の道を決めてしまった子どもがいますから…。 ( ´艸`)プププ

BSスカパー!開局 CMスタート!!

22日思いがけなくスカパー!新CMに遭遇sign01
1人で見たのにCMが可愛すぎて思わず声を出しちゃいました
ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
たぶん21日から放送開始だったんじゃないかと…。←ケンちゃん、いつの間に…。

まずケンちゃん1人で登場!
一見、白Tに見えてL復活sign01かと思っちゃいましたよcoldsweats01
実際は白Tの上に薄いグレーの2枚重ねdown
前のCMから思っていたんだけどこのカツラどうにかなりませんかね…。
毛が多すぎ!!


Bscm01_2

続いて黒沢さん登場!

Bscm02

最近kikuが我が家のスカパー!ポスターを見て言うんです。
「遠目だと黒沢さんがお母さんに見える」って…。
喜ぶべきか…微妙… ( ̄Д ̄;;
まぁ、髪形とか服装とか太○とか…似てるかもしれないけどさっ!

Bscm03

Bscm06

Bscm07

Bscm08

ケンちゃんの笑顔可愛いすぎる~~heart04
たぶん15秒バージョンなんだけど短すぎるよ~~~もっと見ていた~いsign03 (*≧m≦*)
何度もリピっちゃってますっgood
しばらくはこのCMをおかずにご飯が食べられそう…
 ( ´艸`)プププ

ケンちゃん&黒沢さんのスカパー!CMって毎回ネット上で評判いいんですよね。
それを見つけて嬉しくなっちゃいました!

そう言えばkikuのクラスでも「スカパー!CMっていいよね~。あたし、松ケンファンなんだけど…。小○じゃなくて黒沢さんが良かったよ~。」って友達に話していた子がいたようで…。
AKIがもう少し若かったらきっとあなたといいお友達になれたよ…きっと。
ケンちゃんも女子高生に人気が出てきたかしら?←ナイスッgood

台風…怖かったぁ~!

いやぁ、一昨日の台風怖かったです。
AKIの記憶では近年にない凄さかと…。
昨日朝TVの報道で知ったんですが、神奈川県のほぼ全域で停電があったとか…。
AKIん家には全く影響なし。←なんで???
同じ区内の人たちがインタビューを受けていてビックリsign03
「震災や計画停電での経験が活かされた」と口々に語ってましたが、AKIのとこは計画停電も除外地域だったので、懐中電灯用の乾電池もずっと買えないまま今日に至る…で何の備えもなし
 (´Д`;≡;´Д`)アワアワ
これでいいのか?
乾電池だけでも買って懐中電灯の備えはしておいた方が良さそうですよねcoldsweats01



ところで一昨日…AKIの住む街では午前中は風はほとんどなく時折激しく雨が降る程度で、まず6時前に出勤するyoshiを車通勤の主人が最寄り駅まで乗せていきました。

そして次はkiku。
kikuの場合、最寄り駅まで車で送ってもその後のバス停でのバス待ちやバスを降りてから学校までの道のりを考えると意味がないので大概校門まで送っていくことに…。
自分でも『甘いな』と思いながら一昨日も校門まで送ってやりました。
kikuの通う高校、震災後緊急連絡手段として保護者の携帯に一斉にメールを送信するシステムを導入してテスト配信をするなど抜かりない感じで始めたものの、今回『通常通り授業はあります』の連絡が7:30に。
『2校時で帰らせます』のメールがkikuが帰宅した13:30に。
「これじゃあ全然意味がないじゃないか~~~~sign03と叫びたくなったのは言うまでもありません
o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

miiも通常通りに1人で登校し、お弁当を食べた後学活をして早々13:30に帰宅。
まぁmiiの場合、学校が徒歩3分という近さなんで全然心配はしてないんですが…。

何でも学校って登校後に警報が出たら帰してはいけないっていう決まりがあるようで…。(今回初めて知りました)
だからどの学校も早々に帰したのねcoldsweats01

…でmiiが帰宅した辺りから急に雨と風が強くなってきてそれがどんどん激しさを増し、「そろそろ買い物に行っとかないとヤバイよね…」と出かけたのが15:30。
いつもより車の通りは少ないし、道路には小枝や木の葉が散乱。
車に乗っていても何が上から降ってくるか不安に感じながら最徐行で近所のスーパーに出かけたのでした。

それから買い物の往復に恐怖を感じたAKIは、夜から塾があるmiiiに断って塾を休ませました。(異例の休校になったのが翌日わかりましたが…)

そして16:00 主人がいきなり帰宅。
14:00に帰宅を許されたとのこと。
でもトラブルで9/22からの予定だった茨城への出張がこれから出発になったとか…sign02w(゚o゚)w
TVではJR、私鉄ともにほぼ全線ストップしているって言ってるし、家の外に出るのも無理な状態…。
主人も一緒に行く上司や同僚に連絡をとってどうにか翌日23日の朝早く出発することに…。
;;;´Д`)ヤレヤレ
同僚は主人が自宅に着いた時点でもまだ会社近くの駅に、22:00でもようやく有楽町駅。
翌日は朝早くから出張だというのに一向に自宅に辿り着けずで本当お気の毒でした…。

さて我が家の残る1人…yoshi。

電車は完全にストップしているので大震災の時のように会社に泊まるんだろうと思い込んでいたAKI。←その時はまだ入社しておらず聞いた話ですが…
就業時間を過ぎ連絡を待っていましたがなかなか来ないので、主人が会社に電話をすると16:00に帰したとのこと。 !!(゚ロ゚屮)屮
路頭に迷ってると思いすぐにyoshiに連絡をとると、どうにか山手線は動いていたので品川駅までは辿り着いたがその先に行かれず、なぜか私鉄のホームの内にいると言うのでどの路線から動き出すかわからないし、改札を出て夕飯でも食べるよう薦めました。
…でそこで判明したのが、立ち喰いそば屋に入るお金も持ってないということsign01
定期の中にはおそらく¥5000弱のチャージが入っているのでコンビニで買ったり、主人が言うには立ち喰いそば屋でも使えるところがあるらしいが…。


これじゃあ万が一のタクシーやカプセルホテルを利用することもできないじゃないか~~~sign03

AKIの心配もMAXに…。
でも品川じゃあ、車で迎えに行っても渋滞に巻き込まれてミイラ取りがミイラになるだけ…。
社会人になって半年…まだまだ非常事態に対して判断ができないことだらけのyoshiの帰りをひたすら待つしかなかったですcrying

20:00にyoshiからの連絡で「電車が動き出したけど、規制されててまだ乗れない」
この時は意外に早く電車が動き出したことに安堵。
初めのうちは使えなかったyoshiの居場所を検索できるナビもこの頃には使えるようになり、度々調べるも22:00になっても品川駅のまま。
携帯を落としたのかとも思いましたが、それから少し経って鶴見に移動。
23:00 
yoshiから電話で「横浜に着いた」
もうバスもない時間だし、雨も上がってたので「一人で歩いて帰って来なさいね」とだけ伝えました。

一昨日は5:20に起床し、1日中立ち仕事、そして16:00に退社し、0:00近くに帰宅。
そして昨日の朝も5:20に起床し、1日立ち仕事。
本当に疲れたんじゃないかな?と思います。←今日から3連休でいつものことだけど10:00の今も爆睡中sleepycoldsweats01
長い人生だからまだこんなことが何度となくあると思うけど、慣れていくしかないですよね…子どもも親も…。
でも頼むからお金だけはある程度持っていて欲しいsign01…でないとこっちが生きた心地がしないので… 
(;ω;)

事故や地震や台風で交通機関がマヒするなんて度々あるんだろうけど、子どもが成長するにつれてだんだん遠くまで通うようになったら送り迎えをしてあげることも出来なくなる…。
その度にひたすらただ待つだけなのかな~って思うと、今までよりずっと親ってたいへんなのかも知れませんね…despair

kiku 一歩前進!

3週間前、部活中に松葉杖もんの捻挫をしたkiku。
少々無理をした部分もあるけど飛躍的に回復し、先週末の受診でようやく自力登校と体育の授業への参加が許されましたsign01
これでAKIの送り迎えもようやく終了。ヽ(´▽`)/ヤッター!

しか~し、元体操部の整形外科の医師がおっしゃるには、体操種目(段違い平行棒、跳馬、床)に避けては通れない着地はまだ無理。
しかも体操は他のスポーツと違って足の横揺れが多く、その上軸足が患った方の足shock
まだまだ体操復帰は先になりそうです。

一方、新人戦を目前に元第一人者の熱血顧問はkikuがそんな状態にも関わらずず~~~~と首を長くして待っていたので、できないながらも日曜日に部活に出たのです。
案の定、顧問からのお小言のオンパレードに胃が痛くなるkiku。
だけど言うことだけは言わねば…。
「明日、オープンキャンパスがあるので休みますsign03ヽ(`0´*)
もちろん顧問の答えは… (゚Д゚)ハァ?
そして続けて「体操とオープンキャンパスとどっちが大事なのsign02」←進学校とは思えないお言葉
「オープンキャンパスですsign03」←キッパリ!

母としてもその話を聞いて「そりゃそうだ」と思いましたよ。
だって体操部の部長と言っても
高校からやり始め、他の2名より1歩だけリードしているってだけの底辺にいる選手ですよ。
一方、大学はkikuがずっとなりたかった職業に就くための場所。
どう考えたってオープンキャンパスでしょ。

新人戦の団体は3名から。
部員は3名。
1人抜けてもOUT。
だから顧問も躍起になってkikuを出そうとしているんだけど、部活に出ても鉄棒の前回り程度しかできないkiku。
そして昨日もう1名もkikuと同じ状態で捻挫sign01
先生…どうするんでしょう…。
明日以降のkikuの話を待つことにします。

まだ完全復帰とまではいきませんが、取りあえず一安心ということでこの場を借りてご報告させていただきます。
コメントを下さった方、影ながらご心配して下さった方、ありがとうございました。m(_ _)mペコッ

Au5

いつまでも暑い関東。
いつになったら涼しくなるのかな~?
まだセミも絶好調だし…。
早く来て欲しいよ…実りの秋…読書の秋…食欲の秋?
でもすぐにAKIの大嫌いな寒~~い冬snowがやってくるんだよね~~ ( ̄Д ̄;;

kikuの文化祭

今日は中秋の名月。
AKIの家からも綺麗に見えてます。

Photo

そういえば…昨年は中秋の名月の翌日に生まれたkikuの誕生秘話を書きましたっけ?
一年経つの早すぎる~shock

さて一昨日、昨日とkikuの高校の文化祭がありました。
一昨日はmiiと高校見学のはしごをして行かれなかったので、昨日主人とyoshiと3人で行ってきました。

まずはkikuのクラスの出し物へ。
その名も『ニコニコ動画』ならず『2525動画』。
偶然に近い確率で撮れたスゴ技を上映していました。
時間もほどよく10分くらい。

各グループ2つのスゴ技をムービーに撮るのが夏休みの宿題でkikuたちも部活前の半日使って撮りました。
中には何時間もかかったであろう技もあり、場内からは度々「おお~sign01」という感嘆の声が上がっていました。
エンドロールにはNG集も流れ、技を決めるのにどれだけ大変だったわかりました。
まさに奇跡sign03

そして次にkikuが体操部と兼部している『美術部』へ。
そこでkikuに会えましてしばしお喋り。
今回は作品を2枚の他に販売するポストカードを2枚とシールを2枚作成。
「まぁ、適当に…。」がモットーのkikuなんでどれも2時間/枚ほどで書き上げたのでどれもそれなりのクオリティーなんですがその中の1枚を恥ずかしながら載せてしまいますsweat01

Img

そして今回一番楽しみにしていたのが軽音部。
元軽音部のAKIは事前にkikuの軽音所属のお友達にリサーチしてお勧めのバンドを教えてもらっていたのでしたgood

その時間まで、食べることを文化祭の目的に来ている主人とyoshiのお供でハヤシライス、冷やしうどん、焼きそばと食べ歩き、時間になったのでAKIは一足早く軽音部へ。
主人とyoshiは、たい焼きの長蛇の列に並んだあと軽音部へとやってきました。

お目当てのバンドよりちょっと早めに入ったAKI。
ちょうどやっていたのは2年生の4人の女の子バンド。
ン十年前のAKIがやっていた頃よりはるかに楽器も機材もいいものを使ってましたね。
しかもドラム以外はみんなエレキ。
だけど楽器の音に負けて声が全然入ってないのにミキサーも変える様子もなく…。←耳が悪いのかな?
楽器の音しか聞こえないままそのバンドは終わってしまったsweat01
楽器の腕はあるのにみんな下を向いたままの演奏。
ボーカルもイマイチ…2年生なのにもう少し何とかならないものかと思いつつ気を取り直してお目当てのバンドの登場を待ちました。

お目当てのバンドは4グループ。
全員3年生。
後夜祭のオーディションに残った子たちだそうで期待大sign01

4グループともやっぱりドラム+エレキ。
やっぱりオススメされただけのことはあって歌や楽器は上手いし、パフォーマンスもしっかり。1曲も知ってる曲はなかったけど充分楽しめましたgood

バンドの中に森山未來くん風のこ~んな感じの男の子と可愛い男の子を発見sign03

Photo_2

どちらもリードギターが超上手かったgood
yoshiより下の男の子に一瞬ときめいちゃったよlovely←あぶない、あぶない(;;;´Д`)ゝ

1時間以上演奏を聴いているうちに頭の中はすっかり高校時代にタイムスリップ。
またバンドやりたくなっちゃいました。
当時はギターとベース担当だったAKIだけど、今だったらキーボードかな?…な~んて夢みたいなことを考えたりして…。
 ( ´艸`)プププ

「平清盛」海賊ロケ 始まる!!

kikuの文化祭を記事にしようとPCを久々に開いたら、こ~んな記事を見つけちゃいましたhappy02
AKIが超~楽しみにしていた加藤浩次さん扮する西海の海賊・兎丸との対決シーンが現在広島県呉市で撮っているとな…。

03

加藤さん、予想以上にすごく海賊役が似合ってる~sign01
記事にも『コージー・デップ』とか『パイレーツ・オブ・コージー』なんて書いてあったけど赤ベコのように頷いちゃいました。
この役、ケンちゃんVr.も見たかったけど次回のお楽しみに致しましょう…。

上の写真のケンちゃんがど~してもカムイに見えちゃうのはAKIだけ?
まだ幼い役だからか急に若返った感じがします。「ナイスッ!」good

先日の『ふれあいミーティング』の時に磯Pが「大船渡には昔の舟と造船所があったが津波でやられてしまって…」って言っていたのはこのシーンのことなのかしら?

ところで…呉市といえば、ケンちゃんにとって『男たちのYAMATO』と撮った思い出の地。
記事でも「海が雄大でとても魅力的だと思います。この海で撮影できたことをとても嬉しく思っています。」と呉再訪の喜びを語ってましたhappy01

記事によると…このシーンのために全長22mの宋船に15mと10mの和船、7mと5mのくり船など8隻を新たに製作したとか…N様&大河ってやることがやっぱりすごいsign03 !!(゚ロ゚屮)屮
義経』の時の壇ノ浦の戦いを大幅にスケールアップしたシーンだそうでマジで凄そう…。

AKIもこのG.Wに呉には行ってきたばかり。
本当に素敵な街でしたよ。
今回作られた船は『戦艦大和』を作ったIHIのドックで舟は造られたの?
あの海で撮影?
…なんて考えただけでテンションup

05 

このシーンの公開は来年の2月、第6回だそうです。φ(・ω・ )メモメモ
ケンちゃん、加藤さんの他にも中村梅雀さん、上川隆也さん、阿部サダヲさん、豊原功補さんと90名のエキストラさんが加わって平氏と海賊たちの死闘が繰り広げられるなんて考えただけでもo(*^▽^*)oワクワクheart02

04

松山清盛VS加藤兎丸。
勝敗はもうわかってますが、加藤さんがコメントされたように少しでも長く加藤兎丸を見ていた~~~いsign01 (´-д-`)オネガイ…

01

大河ドラマ「平清盛」ふれあいミーティングin江刺 その3

ここで人物デザイン監修の柘植伊佐夫氏登場sign01←役者さんたちの衣装・カツラ・メイクの決めていく作業を統括し決めていく重要なお仕事なのだそうです

村上アナ:「3人の衣装を見せていただいたんですが、どんな風に決めていかれたんですか?」

柘植さん:「これは急に決まったんではなく、こんなのどうだろうこんなのは?…って着ていく中で差し引いたものもありました。清盛は白河法皇の子で元々の血としては位が高いので着物の柄も汚れてわかりにくいですけど、鳳凰とか菊とか…実は目立たないところですごく位の高いものを使っています。鹿の骨でかんざしを作ったり…。鹿は『神の使い』と言われていたんですが…言わないとわからないですね。sweat01」←柘植さんの説明に合わせてケンちゃんが着物の柄やかんざしを見せてくれました!

村上アナ:「深田さんや阿部さんの衣装などもそういった風に決めたんですか?」

柘植さん:「そうです。信西は位としては低いんですけど、位が上がっていくっていうこともあって、本当によく見ないとわからないんですけど【向かい鶴】の柄があるんですけど…わからないですねsweat01」←村上アナからもわからないようでしたが、2列目のAKIからも無地にシワのある衣装にしか見えませんでしたdespair

村上アナ:「深田さんもそういう風に作っていったんですか?」

柘植さん:「源氏物語のような気持ちを持っていたりする女性で、強い部分もありますけどロマンチストなところもあるので、そういうところを色彩で作っていきました。前掛けみたいなものを着けていますけど、それはもちろん前掛けじゃなくて袴の一種なんです。本来は短いものなんですけど今回は長くして現代に近いものにして親近感を持てるように工夫しています。」

村上アナ:「忠実に再現するだけじゃなくて、見やすい工夫もしているんですね。」

柘植さん:「そうですね。見るための架け橋の部分もありますので…。」


村上アナ:「では、そういうところにも注目してぜひドラマを見てもらいたいと思います。あとこちら『藤原の郷』ではセットも組まれているんですが、セットのデザイン画を今日は用意しました。こちらです。」

見せていただいた設計図はこちらの今にも崩れそうな門でした。←当日ケンちゃんと中井さんが何度も演技をしていた場所です。
実は出来立てほやほやだったんですね…。

09

村上アナ:「こういう風にデザインして作るんですね。」

磯P:「そうですね。一遍上人が書かれた絵図などを参考にしながらこの時代に生きた庶民の生活を再現しようと市場や寺院の山門などを作らせてもらいました。」

村上アナ:「セットがあって、美術監修があって、そして役者さんの演技があって総合的な力でドラマを作り上げていくんですね。」

今度は会場に来ている人たちが質問できるコーナーに…
w(゚o゚)wドキッ!

村上アナ:「あの~、質問できるのはドラマに関する質問のみですからね。」← ( ´艸`)プププやっぱり?

Q1:「阿部さんが着られてる衣装が【向かい鶴】という話がありましたが、私の勘違いでなければ【向かい鶴】は南部藩の家紋じゃなかったかなと思うんですが…。意識されたのか?たまたま偶然なのか?」←これについては松友Oさんが調べて下さり、正真正銘南部藩の家紋だそうですsign01

柘植さん:「これは偶然です。」

Aさん:「偶然だとちょっと残念ですね…。偶然であって欲しくなかったんですが…。」

柘植さん:「これを機会にそういうことにしましょうか…。」

Q2:「さっき松山さんが阿部さんの役名が【みちのり】だと聞いて私も同じ名前で…、歴史のことはよく分からないので役柄について詳しく教えてください。」

村上アナ:「では、松山さん!」

ケンちゃん:「なんで僕なんですかね…。(会場 笑)どういう風に書かれるんですか?」

Bさん:「【道程】と書きまして、高村光太郎の【道程】から名付けられたんですが…。」

サダヲちゃん:「僕のは【通憲】と書きます。高階通憲といいます。…いいですか?」(会場 笑)

Bさん
「これからも応援してます!」

Q3:「ドラマの休憩中にやっていることを教えてください。阿部さん。」←ご指名で会場 爆!

サダヲちゃん:「(苦笑しながら)まだ2日目で和気あいあいしてる雰囲気は見えてないですけど…地元のエキストラの方と談笑したり、昨日はず~と裸でいるエキストラさんがいて寒かったと思うんですけど、鎧を着けてる中井貴一さんや中村梅雀さんは休んでいるとうなだれた感じで(笑)お喋りはしてないですね。」


村上アナ:「ずっと天気悪かったですし、待ち時間も多かったんじゃないですか?」

ケンちゃん:「う~ん、そうですね~。初日は豪雨で中止になっちゃいましたからね…。」


村上アナ:「何をされたんですか?」

ケンちゃん:「そのときはジムに行きましたけど…。今日はすごく温かいんですけど、雨の降った日は賭場のシーンを撮って、どんどん負けて終いには自分の着ているものまで賭ける人もいるんですよ。身ぐるみ剥がされちゃって褌一丁でやってる人もいて、その人たちはブルブル震えてましたからね。清盛は賭けが強い設定なんでこのままなんですけど、着せてあげたくなるような何か見窄らしい人が…。」(会場 笑)

Q4:「松山さんと平清盛が共通していると思うところと違うなと思うところを教えてください。」

ケンちゃん:「一番違うところは…清盛は白河法皇の子どもなんですけど、平忠盛に育てられるっていうとても複雑な生い立ちで、僕は自由で幸せな家庭で育ってきたと思うのでそういうところをどう表現するかが難しかったですね。あと清盛と自分をあまり切り離して考えてないんですけど…自分もこうでありたいなと思うのは、やっぱり笑いながら前進していくところですね。」

村上アナ:「深田さんも時子と自分にギャップはありますか?」

深キョン:「ずっと聞かれたらどうしようかと思ってました。sweat01(会場 笑)ギャップはすごくありますね。共通点の方が難しいです。時子っていうのは内に秘めた強さがありますし、清盛自身も強い人だからそれを支える強さもありると思いますし、この話の中で強くなっていけたらと思いますね。」

Q5:「歴史上の事実の部分とフィクションの部分の割合は?役者さんがそういう部分で気をつけられているところはありますか?」←この質問、歴史もの好きには「ナイスッ!」

磯P:「当時の資料とか史実はもちろんあるんですけど、そういうものを参考にしつつ大胆に人物像を作る気持ちもありまして上手く史実を使いこなせたらいいなと思っています。現在、時代考証の先生2人にアイデアをいただきながらやっていますが、絶対踏み外せない事実や清盛の複雑な生い立ち、狡猾な政治家かと思えば非常に家族思いな人という…そのひとつひとつにどう解釈を加えていくのかがドラマだと思っています。この時代だったらもうひとつ踏み込んでおもしろい解釈ができるんじゃないか?というところを楽しみながらドラマを作っていけたらいいなと思っています。」

村上アナ:「役者としては…ということでしたけど…。」

ケンちゃん:「僕が失敗しちゃったなと思ったのは『新・平家物語』を読んじゃったんですよね。小説を読むとあるひとつの見方になっちゃうんですよ。今回の『平清盛』はオリジナルなのでどの作品にも属してないんですね。新解釈と言っても過言じゃないし、ただ大幅にずれているんじゃなくてそういう風にも見られるっていう部分も楽しんでいただけたらと思ってます。僕らとしては所作を一番気をつけてますね。たとえばこの時代って正座がないんですよ。(実際にやって見せてくれ、膝だけ着けた座り方と立て膝でした)小刀は同じ抜き方なんですけどこの時代は太刀で江戸時代の刀と抜き方が違うんですよね。(日本刀と青龍刀の抜き方の違いを見せてもらいました。)まっ、入れるのは同じなんですけど…。(会場 笑)すごく訓練してました。」

Q6「『笑い』を維持していられるようにする秘訣というのはなんでしょうか?」

ケンちゃん:「僕自身はそんなに明るい人間ではないんでどうやって清盛を演じ切るかっていうと周りに頼っているところがあるんですよね。周りとコミュニケーションすることで周りからパワーをもらっているんですよ。1人で考えるとだんだんネガティブになっていく、自分のことしか考えなくなっちゃう。みんなで作っているものですから主観的っていうのはダメなんですよ。エキストラさんも含めてたくさんの人と話をしていると不思議なんですけど本当に力をもらえるんですよ。それで僕は保ってますね。すごい清盛になっていると思うので楽しみにしてて下さい!この作品見ても『笑い』維持できると思います!自信持って言えます!」←おお~!最後の力強いお言葉、期待してますよ!前半の部分はAKIの胸に響き、早速帰ってから超~内気な息子miiに伝えましたよscissors

村上アナ:「阿部さんは会場に入ったときから笑いが起きていましたが、ぜひその秘訣をお願いします。」

サダヲちゃん:「笑っているのは皆さんですから…。僕は笑ってないですから真面目にやってます。sweat01」(会場 爆)

村上アナ:「笑いが起きるっていうのは素晴らしいですよね?」

サダヲちゃん:「あの~、いろんなことをあんまり考えないですね。考えると実は松山さんと一緒で暗いんですよ。だからず~と考え込んでいると家の壁とかに『何やってんだろう…』って書いたりして…。もし良かったらエキストラさんに出たれらいいですね、皆さんも…。結構出ると『会社を休んで来て良かった。記念になった。』って…。コンスターチもなかなか被れないですしね。」

Q7:「午前中ロケの風景を見せていただいて中井貴一さんと松山さんが休憩中に話されていたんですが、どんなことを話されていたんでしょうか?」

ケンちゃん:「(ちょっと困ったような感じで…)去年も親子の役をしてすごく良くしていただいて、僕が大河の話をいただいたときも一番最初に相談したのが中井貴一さんで、貴一さんが『一緒に楽しんでやるよ』って言って忠盛役を引き受けてくれて本当に助けてくれていて…。今日もそういう話をしてて…。今回のドラマは50回あるんですけど、それって僕にとっても初めての経験でだいたい普通のドラマは10回と11回で
、映画だったら2時間で終わるじゃないですか…。その中での表現の仕方をよく聞いてて、いろんな年齢層の方が見ると思うので映画よりもわかりやすく表現していきたいと思っていて…そんな風にアドバイスをいただいてました。『自分も武田信玄をやってたときもそういう風に考えていたし、毎週楽しもうよ』って言ってくれました。」←AKIたちが見ていた中井さんとケンちゃんがそんな素敵な会話をされていたとは…。椅子をクルクルして… ( ´艸`)プププ

この質問コーナーでAKIの両脇の方が質問されるというラッキーな席に座っていました。
まさか自分が質問なんて…あの目力でがん見されたら間違いなく即死です。⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク
微妙にずれている感じがいいんです。
お隣さんをがん見してるケンちゃんの視界の片隅に何となく入っているそんな感じが一番嬉しいんです。←そんな日陰の人生でいいのか?とも思いますが…。


最後に一言ずつ挨拶がありました。

ケンちゃん:「自信を持って皆さまに届けられる作品になったと思います。清盛の実母が『遊ぶ子どもは夢中になっているけれど、生きることに夢中になることも大事なことだ』っていうの歌で表現しているんですけど、清盛はずっと胸の中にその言葉を持ちながら生活していたから強く生きていけたんだと思うんですよ。見ている皆さまに絶対伝わる作品だと思いますのでご期待下さい。そして大船渡からお越しの皆さん、大した話もできなかったんですけど来てくれてありがとうございました。少しでもこの時間で楽しんでいただけたのなら幸いです。本当に被災地を元気にしてもらいたいんですけど…なんかここでNHKさんの話をするのも申しわけないんですが…次の作品が福島を舞台にした大河ドラマになるって聞いてたぶん『みんなで盛り上げよう』ということでそうなったと思うんですが…それに僕らは絶対負けないんで…。(会場 笑)被災地の方や被災地以外の皆さんにも絶対元気を与えるので、期待しててください!どうもありがとうございました。」

深キョン:「皆さんに『平清盛』を楽しんでいただけるように全身全霊で演じたいと思いますので皆さんもう少しお待ち下さい。今日は暑い中お集まりいただきましてありがとうございました。」

サダヲちゃん:「僕は今まで歴史が苦手だと思っていたんですが、出演してみて映像や台本を見ているとすごいわかりやすいんですね。…ですので道程さん、ぜひ。歴史にお詳しい方も面白いと思うので…。もし意見があったらどんどん言ってください。(会場 笑)今日はありがとうございました。」

柘植さん:「人物デザインが立てたコンセプトが『逞しい平安』なので『雅やかな』っていうことも含めて『逞しさ』を表現していきたいなと思っていますのでどうぞ応援よろしくお願いします。」

磯P:「今日は皆さんお越しいただいて本当にありがとうございます。まだ撮影が始まってから1週間くらいなんですが、撮影中のモニターを覗いていると台本の世界がこんなにも変わってさらに面白くなるのかと思えるくらい楽しんでます。さらにこの世界観が1年間いい作品として終わっていけたらなと思っています。先日阿部さんに台本の感想を聞いたら『いろんな平安時代の資料読んだんですが、台本が一番わかりやすかったです』と言われました。どうしたらわかりやすく、面白く作るか頭を捻って皆さんにお見せしたい思いますので、毎回エンターテイメントとして楽しんで下さい。ありがとうございました。」

最後に皆さんで記念撮影をしましたsign01

14

AKIは写ってないけど、松友さんたちのお姿が…いいな、いいなhappy01
あっ、動画も撮りました…あとでNHKのHPに載るようです…楽しみ~ o(*^▽^*)o

これまでも舞台挨拶やら『スタパ』やら『GANTZ星人式』やら…長く見られたイベントもあったけど、こんなに長くケンちゃんを見られたのは初めて?
新幹線に乗って遙々駆けつけた甲斐がありましたsign03
いつになく強気なケンちゃんのコメントにも期待が膨らみますheart02


怪我や病気に気をつけてラストまで頑張れ~~~sign01 (○゜ε゜○)ノ~~

大河ドラマ「平清盛」ふれあいミーティングin江刺 その2

招待された300名が開演を待ちわびる中、まず始めに盛岡放送局・局長 小松敬一氏からご挨拶がありました。

そして今回の司会を務める盛岡放送局・村上由利子アナウンサーの登場sign01
白地にピンクの花柄のワンピース、長身で細く、お休み処でお見かけしたときは普通の人とどこか違うオーラshineにてっきり女優さんだと思っていましたが、地元のアナウンサーだったんですねcoldsweats01

NHKらしい挨拶&説明のあと、いよいよケンちゃんの登場sign01
片手を高く上げ、堂々と登場するケンちゃん。
「みなさん、こんにちは!清盛役の松山ケンイチです。お願いしま~す。」
すごくリラックスしていました。

12

そして透かさず「村上さん、硬いですよ。さっきフレンドリーな感じにしたいって言ってたじゃないですか!」と指摘。
それに対して村上アナも「はい。これから松山さんに解きほぐしていただこうと思っています!」
二人とも長身な上にケンちゃんは高下駄を履き、しかも台の上。
村上さんと二人でトークも椅子が用意されているのになぜかしばらく立ったままで…coldsweats01←首が疲れる~~

そして続いて番組プロデューサーの磯智明氏も登場&挨拶sign01←ここでようやく着席…ホッ

まずは応募の際に書いたアンケートの質問にケンちゃんと磯Pが答えていくことに…。

Q1:「松山さんは青森県の出身ですが、同じ東北の岩手の印象はいかがですか?」

ケンちゃん:「観光に来たわけじゃないんで…(会場 笑)街の様子はよくわからないんですが、撮影に地元のエキストラさんたちもたくさん来ていて少しだけですけど会話していると僕と同じ訛りがあるんですよ。(会場 笑)だからすごい親近感が湧いてある意味ホームの中で撮影をしてるような気がしてすごいい心の状態でできているような気がするんですけど、実はここ『清盛』には全く関係のないところなんですよね。『清盛』としてはアウェーで…。(会場 笑)僕自身はすごく安心してやっています。」

村上アナ:「エキストラさんと話されるときは東北弁で話されるんですか?」

ケンちゃん:「まぁ、そうですね。僕、標準語とか区別がよくわかっていないんで…出てると思うんですけど…。すごくいいなと思ったのが清盛って宋の青龍刀をいつも大事に持っているんですね。これは美術さんが細か~く作ってくれたものなんですが、それを地元の方がこれを見て『いやぁ、これはすごい掘り出しもんだな~』(会場 爆)それだけ素直な反応してくれたら
美術さん大喜びですよ。1回目の岩手のロケはもうすぐ終わってしまうんですけど、もっともっとここに来て楽しみたいですね。」

Q2:「初めて衣装を着たときの感想を聞かせてください。」

ケンちゃん:「これは初めから決まってたわけじゃなくて、いろんな衣装を着て試行錯誤の上出てきたんですけど、これに決定するまではもっといろんなものを付けていたし、ここ(腰のあたり)はもっとジャラジャラしてたんですよ。これ(巾着)マイバックでしょ?これマイ箸なんですよ。これモンゴルから来たもので…。これはマイナイフで…。もっと多かったんですけどチャラチャラし過ぎててちゃんと理由があるものだけにしようということでこうなったんですけど…。遠征するのときは竹の水筒を付けようとか…。こういう貝を加工して作った首飾りを付けようとか…。最初はこういうような奇抜な印象で…。最初グレちゃってますからね…現代での言い方で言うと…。すごいはみ出し者というか…。」

磯P:「昔の書物には『高平太』って呼ばれていて京の町ではいたずらっ子だったという記述がありまして、『平太』っていうのが幼名なんですけど高下駄を履いていたから『高平太』になったんじゃないかと言われているんですね。そこをヒントにしてこういうコスチュームにしていったんです。」

ケンちゃん:「だから僕もこれを見たときに『えっ?清盛ってこういうの?』って思ったんですよ。皆さんが知っているイメージって六波羅蜜寺にある清盛の像で頭剃ってて僧の格好してる…それしか知らなかったし若い頃のことは知らなかったのでビックリしました。でも今はすごく馴染んでますし、元気な衣装を着けると気持ちも元気になります。すごく助けになってます。」

磯P:「この高下駄を履いて立ち回りとかアクションをやってるとすごい迫力ですよね…。」

村上アナ:「この下駄、10cmくらいありますもんね。」

ケンちゃん:「そうですね…。慣れましたけど今でも捻挫してますね。気をつけてやってますけど…。」←ヒェ~w(゚o゚)w怪我しないでおくれ…

Q3:「『藤原の郷』を選んだ理由は?」
   「震災の被害の有無にかかわらず3/11を境に変わったことがあるのでは?あったら教えてください。」

磯P:「『藤原の郷』は大河ドラマでは度々使わせていただいていたんですけども、平安時代のオープンセットがあるのは日本全国探してもおそらくここにしかないと思うので、いろんな撮影プランを練っていたんですが、震災がありまして『藤原の郷』の方もかなりの被害があり、この撮影は難しいだろうとなりました。それから大船渡の方にも昔の舟がありましてその舟を使って撮影しようという話があったんですけど、その舟とか造船所も被害に遭い、東北での撮影を一旦断念して撮影を京都方面で展開しようかと練り直していたんです。そんなとき奥州市長から『藤原の郷も再建するように頑張るのでロケを従来通り8月に始めて欲しい』というメーッセージがありまして、だったらその思いに乗っかって復興に少しでも貢献できればという思いからです。」

村上アナ:「この天井もちょっと色が違うの、わかりますか?ここの天井が落ちたんですよね?大河ドラマが来ることで復興を考えて下さるのはNHKとしてもありがたいことですよね?」

ケンちゃん:「そうですね。3/11以降この仕事についてももちろん考えるようになってドラマの持つ意味は見てる方たちに前向きになってもらう力とか勇気を与えたりだとかメンタルな部分でプラスなものを与えるものだと思うんですよね。だからそういうところをこの『平清盛』でも出していきたいと思うし、作品を読んでも『清盛』ってすごいパワーのある人間だし、すごい苦難もたくさんあるんですけど笑いながら突き進んで行くところがあって生きることをとても楽しんでいるんですよ。だからその部分をちゃんと伝えていけるようにやっていきます!」

村上アナ:「ここで松山さんが『平清盛』を演じるにあたって様々な場所に訪れたということでそれをVTRにまとめてありますのでご覧下さい。」

そして舞台の左右にある大スクリーンに昨年11~12月に行った六波羅蜜寺と厳島神社の映像が流れたのでした。
ほんの数ヶ月前のことなのに「キャー!可愛い~lovely」と思ったAKI。
ケンちゃんもすかさず「誰?これ…。」との独り言に笑ってしまった… (´,_ゝ`)プッ

05

厳島神社で引いたおみくじは『大吉』sign01←今公開の映画の役も『大吉』なんで違う意味で笑いが起こり…coldsweats01
この『大吉』が『ドラマ大ヒット!』のお布令であってくれたら嬉しいですね!

02

VTRを見たあと、『以前厳島神社で引いたおみくじは凶だった』と報告。
会場を沸かせました!


村上アナ:「VTRでは再三『新しい清盛像を…』とおっしゃっていましたが、どんな清盛像を考えていますか?」

ケンちゃん:「清盛は最初からとても複雑な環境にいて、赤子の時から誰にも望まれてこなかったんですよ。疎まれながら育ってきているんですごく愛に飢えているし、それをどう表現したらいいかわからないし…。だけどそういう環境でも笑って生きようとしているんです!そういう強さを清盛は持っているんで『笑う』ってことが自分の中でテーマになっています。清盛は笑って難しい問題にぶつかっていく。負の力も全部プラスに替えていく力を持っていますね。」

村上アナ:「ドラマでもそういうメッセージが伝わるといいですね…。」

磯P:「台本上はそういう風に書いてあるだけなんですけど、その落差を魅力的に演じているのをこの数日のロケで見てまして本当にここまで笑うのかと思うくらい気持ちよく笑ってくれるんですよね…。よく考えると『この人結構複雑な生い立ちなんだよな』って思ったりして…。その両方の振れ幅の感情を演じ分けられる松山さんの才能にスタッフの人たちは驚いています。」←ファンとしては一番嬉しいお言葉ですhappy02

そしてここで清盛の正室・時子を演じる深田恭子ちゃんと信西(道憲)を演じる阿部サダヲさんが登場sign01

深キョン:「時子を演じさせていただきます深田恭子です。今日はともに楽しい時間を過ごせたらいいなと思っています。どうぞよろしくお願いします。」

サダヲちゃんが登場するとなぜか笑いが…。

サダヲちゃん:「信西を演じます阿部サダヲです。よろしくお願いします。『ふれあいミーティング』と聞いて立食パーティみたいなのを想像していたんですが、皆さん椅子に座られているんですねsweat01

深キョンとサダヲちゃんの衣装はちなみにこんな感じ。

03_2

サダヲちゃん:「綺麗なのか汚いのかわかなくなっちゃって…。」←う~ん確かに。貴族なのにちょっとみすぼらしいかな?

以後、会が終わるまでサダヲちゃんが声を発する度に笑いが起こる会場を想像してくださいませ。

村上アナ:「衣装を身につけられた感想はいかがですか?」

深キョン:「昨日からクランクインしたんですけど、まだ自分がどんな風に映っているか見ていないのですごく楽しみにしています。」

サダヲちゃん:「僕、平安貴族って聞いて顔が白くて眉のところが点々みたいなのをイメージしていたんですが…こんな感じです。(笑)」

Q4:「深田さんは『陰陽師2』以来の『藤原の郷』ですが、帰ってきた感想は?」

深キョン:「8年ぶりに戻ってきたんですが、以前は本当に撮影だけっていう感じだったんです。今回は中をゆっくり見られたりしたので嬉しかったです。」

村上アナ:「阿部さんは『藤原の郷』初めてですか?」

サダヲちゃん:「はい、初めてです。」

村上アナ:「阿部さんは『藤原の郷』初めてですけどいかがですか?」

サダヲちゃん:「はい?(会場 爆)地元のエキストラさんたちもすごい協力的でお話も楽しかったですね…。」

磯P:「先日清盛と信西の出会いのシーンを撮ったんですが、困っている信西を助けるというとってもいいシーンでそのときの清盛の立ち姿も格好良かったですしね…。後々この2人が平安時代を変えていくのかと思うと感慨深いものがありますよね…。」 

村上アナ:「でも共演は初めてなんですよね?」

ケンちゃん:「そうですね。」

村上アナ:「共演されてみてどうですか?」

ケンちゃん:「僕はもちろん阿部さんのお芝居も見てますし、めちゃくちゃおもしろいんですごく共演してみたかったです。現場でもすごいことが起こるんじゃないかと思ってドキドキしてます。でもその前に麻雀一緒にやったことがあります。(会場 笑)そこでも割と面白く麻雀やってましたね。その空気感でやりたいなって思います。」

村上アナ:「阿部さんはいかがですか?」

サダヲちゃん:「そうですね(笑)麻雀しましたね。僕も大好きな俳優さんで…(何故か笑うサダヲちゃん)ちょっと前のドラマで僕が口癖のように『ナイスッ!』って言ってたんですけど、『ナイスッ!』ってちょっと訛ってるでしょ?これ松山さんのマネです!」

ケンちゃん:「麻雀やってる時にいい牌が出たときに『ナイスッ!』って言うんです!」

村上アナ:「でも『ス』がまだ阿部さんマスターされてないですね。(会場 爆)深田さんと松山さんも初めての共演なんですよね?共演された印象はどうですか?」

深キョン:「まだ一緒にお芝居をしてないんですよ。」

磯P:「最初、一波乱あるんだよね?昨日そのシーンを撮って…。」

サダヲちゃん:「深田さん10歳でしたっけ?」

磯P:「そうだね。」

サダヲちゃん:「すごいですよね…。」

磯P:「でも10歳に見えたからね。」

村上アナ:「10歳の役をやるときって自分の中でどんな風に変えるんですか?」

深キョン:「10歳だからと言って子どもっぽく話たりするのは違うのかな?って思って、特に年齢ということじゃなく『時子』として。皆さん結構若いときから演じているので自分だけ子どもっぽくってことは意識せず演じようと思ってます。」

村上アナ:「磯Pは『時子』をどんな人物として描こうとしているんですか?」

磯P:「明るいし、肝のすわっている女性で尚かつ清盛を支え、平家一門を束ねていくそういう風に考えた時に今の時代だと深田さんなのかな?って思いました。」

村上アナ:「深田さんはそういう意を受けて具体的にやったことはありますか?」

深キョン:「あ~虫が…。」

会場に1匹蝿らしきものがいまして、深キョンはだいぶ虫が嫌いなようでした…。
村上アナの話によれば、髪の毛に付けている油に寄ってきてしまうとか…。


ケンちゃん:「虫すごいんですよ~。あの~、言ってなかったんですけど、コーンスターチの粉を蒔いてると虫がやたらと寄ってくるんですよ。あの~本当はここでもまき散らして体験したらいいですよ!」←ケンちゃん、な、なんということを言いなさる! !!(゚ロ゚屮)屮 

村上アナ
:「あれは土埃のイメージなんですか?」

磯P:「そうですね。平安末期、武士と貴族が入り交じる時代、優雅に暮らす貴族に対して土埃の中で暮らす武士という風にメリハリをつけたいと思って表現しました。」

村上アナ:「あっ、お話が途中になってすみませんでした。」


深キョン:「(苦笑)あの~、厳島神社に母と行ってきました。美しくて神秘的で行って良かったです。」

村上アナ:「それで何か気持ちは変わりましたか?」

深キョン:「気持ちも変わりましたし、時子の灯篭のある所までに一生懸命登って『時子を演じさせていただきます』と報告して来ました。」

村上アナ:「時子さんはそういう風に演じられて信西さんはどんな人物かっていうと…じゃあ松山さんお願いします。」

ケンちゃん:「なんで僕なんですか!」

村上アナ:「まあまあ、しばらく喋ってないなぁと思って…。」

ケンちゃん:「今、喋ったじゃないですか!信西って…まぁ最初の方は道憲っていうキャラクターですけど…阿部さんに聞いた方がいいんじゃないですか?」

村上アナ:「じゃあ、お2人でお願いします。」

サダヲちゃん:「松山くんの方が上手いですよ…こういうのは…。」

村上アナ:「お2人とも役に入られる前っていうのは本当に勉強されたんですよね?お互いがお互いを語り合うっていうのは…?」←どんどんハードルを上げる村上アナ


ケンちゃん:「いやいや…ま、通憲は天才ですよ!だけども位の違いで意見が通らないんですよ。どんなに素晴らしい意見を持っていたとしても上には届かないんですね。貴族の中にも位があってその下に武士がいて…武士の意見なんて貴族には全く聞こえないです。この頃の武士って織田信長や豊臣秀吉の時とは全く違ってて『王家の犬』って呼ばれてたんですね。犬は黙って人を切ってればいいんだみたいな…。そういう中で通憲も貴族の中の一番下ですけど、家柄でそれが決まってしまう。頭悪くても家柄が良かったらそのまま上に行っちゃう。その人たちが世の中を動かせるようになってて…。通憲はすごい苦労しているんです。」

サダヲちゃん:「当時最先端だったのが中国だったので中国語をすごく勉強しているんですよ。」

磯P:「阿部さんの役はやんなきゃいけないことがすごくあるんですよ。難しい台詞もあるし、中国語も覚えなきゃなんないし…。」

サダヲちゃん:「今、中国語の先生が中国に帰っちゃってるんですよね。(会場 笑)自分で勉強しているんですごい不安なんですけど…。」

村上アナ:「じゃあ、NHKの中国語講座でお願いします。」

サダヲちゃん:「あ~、そうですか。(汗)」

ケンちゃん:「リハーサルでもそのシーンちょっとやったんですけど、すごくおもしろいです!素晴らしい中国語でした。…で行く行くは清盛も武士として力を持って通憲も力を持っていくんですね。時代の流れに乗って2人が時代を動かすだけの力を持ったときに協力し合ってやっていくんですよね。」

すみませんが長くなってしまったので後半は【その3】で…。
(;;;´Д`)ゝ

BRAUNケン お披露目!

『ふれあいミーティング レポ』をお待ちの方…すみませんcoldsweats01
容易く書ける方を先にしてしまいます…もうしばらくお待ちを…sweat01

昨日はkikuの介護(?)をし始めて1週間。
学校の送り迎えに加え、3回目の通院。
人柄のいい先生+休日の翌日とあって病院は超混みsad
あらかじめ夕食の準備をし、病院にkikuを残して買い物にゆっくりしても2時間以上待たされた~wobbly
kikuは初日からは考えられないほど回復し、簡易ギブスなしでも自宅を歩けるまでに…。
昨日は先生に懇願して松葉杖を1週間も早く返しちゃったsweat02
さすがの先生もあと2,3日は固定したいとのことでテーピングをギッチリされ、もしもの場合に備えて簡易ギブスは持ち帰えさせられたが1歩前進good
昨日病院からは無理して同じスニーカーを履いて帰ったけど、むくみがすごいので今日は怪我した足に主人のつっかけを履いて車で登校rvcardash
なんだかあわてん坊のサザエさん状態でちょっと可笑しいかった。(´,_ゝ`)プッ

再来週の代休には「TDLへ友達と行くんだ~sign01」と張り切っており、ちょっと心配しているAKIです ( ̄Д ̄;;


…ってそうそう『BRAUNケン お披露目!』の話題でしたよね
ヾ(;´Д`A
昨日はめっちゃ疲れていてホ○プロさんからお知らせをいただいたのに、な~にもできずで…。
松友Kさんが早々記事をUPしていることに今朝気づいた~~~sign03 

(;´д`)トホホ…愛情少なすぎ…。

今日は心機一転疲れた体に鞭打ってkikuを学校へ送り、たったと家事を済ませ、ヨウツベに飛んだのでした…。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!  おお~~~~~~!
CM 格好いい~heart04

Cm01

Cm02

Cm03

実は髭なしのケンちゃんが好きなAKI。
でも最近は『清盛』になろうと頑張っているケンちゃんのため封印してたこの思い。
BRAUNさんのおかげで久々に萌えましたよ…。
さんくす♪(o ̄∇ ̄)/

会見も地球のバルーンから登場!って格好良すぎる!!

03

『ふれあいミーティング』の時も松友さんたちと確認しあったんだけど、やっぱり痩せた?
いつもよりも細身のスーツに顎のラインとか…。

11

一見、黒づくしなのかと思いきや、ネクタイに斜めのラインが入ってたのね…お洒落~good
いっつもこんなケンちゃんだったら嬉しいのに…。
でも『やるときはやる男』だと再確認sign03

「セクシーな口元」について聞かれると「いや~、言われたことないですね~。変わってるねとは言われたことありますけど…。」
まぁ、そんなご謙遜を…もう、B型なんだから~。

「横顔が素敵ですよね」には「あっ、それはよく言われます。でも横ばっかり向いているわけにもいかないので前も頑張ります」と答えたケンちゃん。
まぁ好みは人それぞれ十人十色でしょうが、充分格好いいですよ…あなたは…good

日本語、英語、ドイツ語で挨拶するケンちゃん。
ちょっとカンニングらしき様子もあったけど… ( ´艸`)プププ

日本から世界に向けてがんばれ~ 
(○゜ε゜○)ノ~~

« 2011年8月 | トップページ | 2012年4月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

松山ケンイチ

  • 2012_12
    AKIが独断と偏見で選んだケンちゃんの画像の置き場! リニューアルしました。 見てね!
無料ブログはココログ