いま何時?

最近のトラックバック

サプライズ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

ドラマくらいタイムリーに見た~~い!!

7月スタートだったドラマも次々と最終回を迎えている今日この頃…。
AKIん家の夜はkikuとmiiのおしゃべりがうるさくて台詞が命のドラマは見られませんcrying
学校の話などをすることもあるので邪険にすることもできずに話に付き合う毎日です。
それはそれは毎晩賑やかですよ。
お風呂場、布団の中でもまだしゃべっていますから…coldsweats01

こんな状態なので極力ドラマは選ぶようにしているんですが、7月スタートのドラマはどうしても捨てきれず多くなってしまいました。
1月から見ている『龍馬伝』に加えて『美丘』『日本人の知らない日本語』『ジョーカー』『ホタルノヒカリ2』。
そのほかwowowやケーブルTVで見たかった映画をやるとそれらも録画していて… (;;;´Д`)

普段であれば専業主婦のAKIは日中少しずつでも見ていくことができるんですが、7月初旬から子どもたちが代わる代わる半日で帰宅。
そしてそのまま夏休みに突入sign01
青森旅行の記事にも書きましたが…夏休み中、結局AKIが一人で過ごせたのは青森での最後の夜だけでしたweep
だからHDDの中は録画したものが溜まりに溜まって大変なことに… アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
9月も代休だ!テストだ!って落ち着かない日が多かったんですが、なんとか少しずつ片付けていきましたよ (;´д`)トホホ…

まずは内容の軽~い『日本人の知らない日本語』と『ホタルノヒカリ2』から…。
『日本人の知らない日本語』はkikuも見たがっていたもの。
だけど基本TVが嫌いなんでなかなか見てくれないdown
半ば強制的に片付けさせ残すところ3話(AKIは最終回)を残すのみとなりました。
初めは「凪子先生はあんなんじゃな~いsad」と言っていたkikuでしたが、そのうちドラマはドラマとして見るようになり感心したり…爆笑したり…。
カメレオン女優の仲さんは本当に演技が上手good
仲さんも望んでいるケンちゃんとの共演…いつか実現してほしいですheart04
AKIもkikuもこのドラマで一番のお気に入りなのが鷹栖先生役の池田成志さん。
失礼なことにこのドラマを見入るまでは知らなかった俳優さんですが、本当に演技が上手なので今後注目していきたいですsign03

そして『ホタルノヒカリ2』。
前回も大好きなドラマでした。
なんと言っても綾瀬はるかちゃん扮する蛍が超~可愛いのhappy02
あの干物女ぶりを見ているとkikuと重なって2倍面白い 
( ´艸`)プププ
これはkikuも認める事実ですsign03
ぶちょおとの関係に加えて今回は向井くんとの危うい関係にドキドキheart01も2倍sign03
断片的に見ても子どもたちは楽しめるらしく、このドラマはご飯時にチビチビ見ていきました。

次に手を出したのがドラマ視聴率ランキングでは3位だった堺雅人さん主演の『ジョーカー』。
9月に入ってから一気に見ました。
【微笑みの王子様】という異名を持つ堺さん。
もちろんそれが堺さんの一番の魅力なんですが、今回は刑事でありながら法で裁けない犯人を生きて償わせる裏組織の人間を演じるとあって惹かれて見ました。
サスペンスなので真実が分かっていく過程も面白くて高視聴率だったのが頷けます。

そして昨日見終わったのが吉高由里子ちゃん主演の『美丘』。
初回、kikuのお友達の「泣けた~」という感想を聞いて即見たものの、2話目からは溜まる一方で…。
原作では美丘と太一が残された時間をどう生きていくのかが主題で、他の登場人物はそんなに重要な感じではないんだけど、ドラマの方は広い意味での【愛】がテーマで、特に太一よりも親子の愛や絆が主題に感じました。
最期のシーンも原作の壮絶なものではなく、愛する人たちに囲まれて穏やかに迎える形に描かれていました。
「原作と違~うsign01こんなシーンなかった~sign01」なんて心の中で思いながらも親が子の幸せを願う無性の愛を前面に見せられてはねぇ~。
悔しいけど毎回泣かされていたAKIでしたcrying
いい意味でズルイです…。

そしてようやく今日から『龍馬伝』に手を付けましたsign01
あれこそ人間模様が複雑で台詞が聞こえなければ何が何だかチンプンカンプンですからね…coldsweats01
一人で見るのは必須ですgood
だいぶ前に佐藤健くん扮する岡田以蔵が死んだと耳にしたんですが、AKIはまだそこも見ていないので… 
Σ( ̄ロ ̄lll)
松友0さんは、大の大河ファンで週に3回ある放送をタイムリーに見られている方。
AKIのこの現状を知ったらどう思われるでしょうか?


来年の大河ドラマも蒼々たる方が出演されるみたいでとっても楽しみです。
早く追いつかないとヤバイです (;´Д`A ```


幸い10月スタートのドラマは興味があったのは1本だけ。
どうにか貯めずに済みそうです 
(^-^; フゥ~

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。゜

そうそうケンちゃんの白いBOSS缶のCM、最近はうさぎさんから実写版に変わりましたねhappy01

Bosscm09

しどろもどろな台詞と窓際で腰を90℃曲げてクピッと飲むシーンが超~めんこくてお気に入りheart04
あまりTVを見ないAKIなのでサントリーさんにCMのやる番組をお聞きしたところ、教えていただきましたscissors

10月 4日(月) 21:00から フジテレビ系列「世にも奇妙な物語SP」
10月 9日(土) 18:30から フジテレビ系列「もしもツアーズ」
10月10日(日) 19:58から 日本テレビ系列「世界の果てまでイッテQ!」
10月10日(日) 21:00から テレビ朝日系列「日曜洋画劇場」
10月12日(火)    5:25から フジテレビ系列「めざましテレビ」
10月14日(木)   5:25から フジテレビ系列「めざましテレビ」
10月15日(金) 21:00から 日本テレビ系列「金曜ロードショー」
10月19日(金)   5:20から 日本テレビ系列「ズームインSUPER」
10月23日(土) 23:30から TBSテレビ系列「チューボーですよ」
10月24日(日) 21:00から TBSテレビ系列「日曜劇場」
10月25日(月)  23:00から フジテレビ系列  番組は未定

急遽変更することもあるそうでその時はご了承くださいとのことです。

関東版なんですが…地方の方は分かりますかね?

もし、明日死んだら…

こんな衝撃的なタイトルにして驚かせてしまったらごめんなさい。

…何故こんなことを書こうと思ったかというと昨日、yoshiが学校から訃報のプリントを持って帰ってきたからなんです。

お名前を見ると昨年のちょうど今頃、yoshiが初めて職場実習をした際、同じ職場になった子のお父様でした。
年齢はAKIと同い年。
闘病の末に亡くなられたようです。

一年前の職場実習での最終日、『反省会』と称して職場、先生、保護者、子どもたちで一週間の職場での実習を終えた感想を述べる場が設けられるんですが、家の主人も休暇を取り出席、そしてそのお父様も職場を早退して駆けつけられました。
たぶんその時はまだお元気だったのではないでしょうか?

来月から1ヶ月間、最後の職場実習が始まります。
早ければその実習で就職先が決まる子も少なくないでしょう。
職場が決定したからといって一生の安泰が補償されるわけではないのですが、きっとそのお父様もお子さんの就職を心配しながらも楽しみにされていたことでしょう。
それを見ずに旅立たれたお父様のお気持ちを思うと胸が痛みます。

もちろんAKIだって明日どうなるかわかりません。
まだまだ子どもたちには教えたいこともたくさんあるし、1日だって長く子どもたちの未来を見ていたい…。
子どもがいくつになったら…どこまでできるようになったら安心して旅立つことができるんでしょうね?

今回のことでいろんなことを考えました。
いつどんな形で終わるかわからないたった一度の人生だからこそ大事にしたいこと。
『今日を大切に生きること』
『家族との時間を大切にすること』
『やりたいことを先延ばしにしないこと』

話題の「悪人」 見てきました!

先日モントリオール世界映画祭で深っちゃんが最優秀女優賞に輝き、一層期待を大にして行ってきましたよ…「悪人」。

でもAKIは深っちゃんが賞を取らなくても見に行く予定でいました。
何故って、「いい人」を絵に描いたような妻くんが「悪人」っていうのが是非是非見てみたかったからです。

Akn_ma1_large

平日でお安くない日の朝一番っていうのに老若男女そこそこ入っているんだからやっぱり人気があるんでしょうね…think

話がどこへ進むかわからない初めから引きつけられました。
被害者と加害者。
そしてその家族たち…それぞれの視点で良く描かれた作品でした。
妻くんが原作に惹かれて懇願したって言うのが頷けるようなストーリーがハッキリした内容でしたね。

Image

演技派の樹木希林さんと柄本明さんはもちろん良かったし、「愛のむきだし」で名演技だった満島ひかりちゃんもメキメキ上手くなってるなって思いました。
被害者の母親役を演じた宮崎美子さんも、やつれた表情に思わず同情してしまうほどでした。

そうそう一番AKIが見たかった妻くんの「悪人」。
もちろん社会的には「悪人」なんですが、やっぱり本当の「悪人」ではないんですよね。
だって写真の顔も金髪にしてるけど全然ワルじゃないもんねcoldsweats01
まぁ、その方が妻くんらしいけど…。
本当のワルの妻くんも見たかったな…happy01

そしてやっぱり深っちゃんの演技は上手かった。
幸薄そうな女性を演じたら木村多江さんと並びますねgood      ( ´艸`)プププ
後半の緊迫した演技はたぶん演じると言うより役になりきっていて自然に動いていたような感じでした。
そういうのって映画の内容に限らず、お国柄も関係なしに伝わるんだって嬉しくなりました。

Akn_ma9_large

そういえば…この映画の監督って「フラガール」を撮った李相日監督なんですよね。
日アカで「デスノート」を抑え作品賞に輝いた作品だったのでAKIはずっと見てみたくて…。
昨年の初めだったかな?
ようやくTVで見ましたよ。
松雪泰子さん、蒼井優ちゃん、富司純子さんの演技に圧倒され、TVだというのに涙が止まらず感動sign03…参りましたm(_ _)mって感じでしたね。
ケンちゃんファンのAKIがひいき目で見ようとも文句の付けようがありませんでしたcrying



そうそう深っちゃんで個人的に思い出がひとつあります。

7fd751c70c0222c0

彼女がデビュー当時AKIが勤めていた会社のCMをやった関係から職場を訪れたんです。
なんの前触れもなく突然朝聞かされ、当時人事部にいたAKIは社の命令でお出迎え。
会社の旗を振らされました(;´д`)トホホ…
続いて歓迎会のような会にも強制加させられた苦い思い出があります。
そのあと深っちゃっんは社を見学して歩いたようです。
たぶん握手をしたり、サインをもらうことも可能だったと思いますが、全く無名の少女なのでまだ青かったAKIは人間ができてなくて完全に無視でした
。←深っちゃん、ごめんなさい m(_ _)m
その日は何度も行く先々の部署で出くわしましたよcatface
深っちゃんがこんな大女優になるとは、当時のAKIは見抜けませんでした
sad

こんなことならサインもらっておくんだったよ~~~~
(ノд・。)

「中秋の名月」になると思い出す

昨日は『中秋の名月』fullmoon
皆さんの街では見られたでしょうかsign02
AKIの住む街でも朝の天気予報では夜からrain
全く見られないか見られたとしても短時間だと言っていました。

pm6:30 少し暗くなったのを見計らって早めに我が家から撮影したのがこれ。

Photo_2

ん~~~think
いまいちなんでネットから頂いてきました。

01

結局天気予報はいい方に大ハズレsign03
深夜になっても雲一つなく輝いておりました。

AKIが毎年『中秋の名月』と聞いて思い出すこと。
それはkikuの誕生です。

中秋の名月の朝に陣痛が…。
2度目のお産だし、赤ちゃんは満月の日に生まれる率が高いと聞いていたので「これはsign02」と思い、まだ出勤していない主人に休んでもらって入院の準備をしながら陣痛の間隔を計っていました。
1時間ほどして痛みがなくなってしまって…再び痛くなるのを待っていたのに結局その日は二度と来ませんでしたsad

赤ちゃんは生まれたい日に生まれてくる。
予定より5日も早かったのでさすがにせっかちなkikuも止めてしまったのかもしれませんね…coldsweats01

翌日、主人はいつも通りに出勤。
昼近くなって再び陣痛が始まったけど、昨日のこともあるので慎重に…。
とりあえずyoshiにご飯を食べさせる。
その間もお腹が痛くて痛くて…。
そうこうしてる間に近くに住む母がyoshiを預かりに来てくれ、主人も帰宅。
pm1:00 主人と一緒に産院に到着。
kikuとmiiはお産婆さんのお宅で産んだの。
だから道具や薬などの医療的なものがほとんどない自然な形でのお産。
それがAKIの望んでいた出産でした。
yoshiが通っていた育児サークルで知り合ったママの紹介があって診てもらえることに…。
本当にLuckyでしたsign03

kikuはね…入院してなんと3時間で生まれちゃったのhappy02
やっぱりせっかちなのは生まれつき ( ´艸`)プププ
病院ではエコーとかはもうあったから、生まれる前から男女が分かっているケースが多かったけど、お産婆さん宅には昔ながらの器具しかないので生まれるまでは分からないのが普通。
3人の中で一番お腹の中で元気に動き廻っていたkiku。
だからずっと男の子だと思っていたAKIは「あら、女の子よ」って言われてビックリsign01 w(゚o゚)w
産湯に浸かる前のバスタオルにくるまれたkikuを抱かせてもらいました。
TVで見る赤ちゃんって血だらけなのにkikuには全く血が付いてなくて、無臭だったのがこれまたビックリsign01 w(゚o゚)w
タオルの中からkikuの温かさが伝わってきて、これぞAKIが望んでいたお産sign01
生涯忘れられない一瞬でした。
yoshiの時は軽く麻酔されたせいで朦朧とした意識の中、形式的な写真を撮った後は離ればなれでしたから…crying


これは生後1ヶ月のkiku。

Emi

『中秋の名月』から1日遅れでやってきた我が家の姫なのでkikuには『1日遅れのかぐや姫』とよく話していたんですが、昨年だったかな?kikuに言われました。
「お母さん、かぐや姫は満月の夜に月に帰って行ったけど、竹藪でおじいさんに拾われたのは満月じゃないから…gawk
ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー
そうだった~~~sign03
またしてもkikuにやられてしまいました
_| ̄|○ズーンdown

こんな感じで生まれてきたkikuなのに今年はやってしまいましたsign03
そうです…kikuの誕生日をすっかり忘れてしまったのです。
気づいたのは誕生日前日の夜、kikuに指摘されたのでした(ノ∀`) アチャー
言い訳をさせてもらえれば、我が家は日曜日でないと主人がいないので誕生日のケーキや会食は誕生日に近い祝日か日曜日に行うのが常なんですが…、今年は夏休みが終わってからというものバタバタな上、3周間続けて土、日に学校行事が…。
それに気を取られてすっかり忘れてしまったんです
ヾ(;´Д`A
今日は祝日でしたが主人が休日出勤したためケーキのみ購入…もちろん忘れてしまったお詫びにお高いケーキを買ってきましたよ(;´д`)トホホ…

会食は今度の日曜日になってしまいそうです…。

yoshiのこと

今回はあまりブログに登場しないyoshiのことを書こうと思います。

yoshiは我が家の長男で只今18歳。
特別支援学校(前:養護学校)の高校3年生です。

yoshiには先天性の障がいがあります。
アスペルガー症候群です。
…といってもその道に詳しくないと知らない方がほとんどでしょう。
自閉症の一種です。

自閉症と何が違うのか…?
それは話は普通にできるし、一部軽度の知的な遅れが見られる人はいますが、ほとんどは普通か普通以上の能力を持っています。
yoshiの場合はその「一部」に属し、軽度ですが知的障がいを持っています。
そんなyoshiでもかつては歩いて帰宅する主人を100m先から察知したり、近年限定ですが曜日を言い当てることができる(カレンダーボーイと言います)というすごい能力があったのですが、知能が上がっていくとともにそういった能力も自然になくなってしましましたdown
今残っているのは漢検2級の資格と計算がめっちゃ速い…ぐらいですかねweep

先天性とは言っても自閉症は見ただけでは分からないので、生まれてすぐにはわかりません。
yoshiもそうでした。
yoshiが初めにぶつかった壁は1ヶ月健診で見つかった『心雑音』でした。
心臓の肺に繋がる動脈に雑音があると言うのです。
定期的に経過を見ながら満1歳の時大学病院で精密検査を受け、手術の必要はなく経過を見ていくことに…。
とりあえずホッとしましたhappy01

1歳~1歳半くらいだったでしょうか?
ちょっとおかしいなと思ったのは…。
普通の子どもが好きな動物やおもちゃ、公園などには全く興味がなく、yoshiが好きだったのは車の本(絵ではなく写真)と積み木を打ち鳴らすこと、それから電気製品などのボタンでした。
そして外へ出かけると手をつないで歩くことができず、ダーッと走って行くので心臓のことや車が心配だったりでしばらく乳母車はかかせませんでしたね。

満3歳の健診で心雑音はまだあるものの自然に治癒しそうだということで心臓での病院通いは終了。
そして同時期の3歳児健診でひかかったのをきっかけに新たな病院通いと『訓練』と称した教室によくわからないまま通うことになったんです。

自閉症が日本で知られるようになったのは1980年代。
たぶん『レインマン』」がアカデミー賞を受賞したことが大きなきっかけになったのではないでしょうか?
そして障がいとして認められたのは1990年代に入ってから…。
100~200人に1人いると言われているのに、まだまだわからないことだらけの障がいなんです。

だから保健所の方に言われるまま病院に行っても「自閉傾向はあるけど、まぁ様子を見ていきましょう」とだけ…。
何の治療もアドバイスもなく1回で終わり。
訓練にも保健所の紹介で保育園に入園する前に2つの教室に通いましたが、毎回悪いところを指摘され、子どもの嫌がることをさせられ、その結果子どもを嫌いになりかけたお母さんや泣き出すお母さんもいました。
あれから自閉症についていろんなことを学び、いろんな経験をしてきたけれども、あれに何の意味があったのか答えはまだ見つかりません。

それから保健所のススメで3年保育で入園させた方がいいと言われたので、幼稚園に掛け合うもどこも受け入れてもらえませんでした。
そして近くの保育園も2年保育でしか受け入れてもらえず、引っ越しを余儀なくされましたが何度も園長先生に掛け合いどうにか3名の『障がい者枠』の中に入れてもらうことができました。
入園することがこんなにたいへんだとは思いませんでしたよ…。
miiが幼稚園に通っていた頃は障がいのある子も先生が1人付いてみんなの中一緒に過ごす姿も珍しくなかったのですが、たった4年でも障がいに対しての考え方が違うのは中学校でも高校でも実感…think
もう少し遅くyoshiが生まれていたら違った経験になったかもしれません…。

保育園では風邪をひくと高熱が出やすいyoshiは1ヶ月に1週間という間隔で休んでましたcoldsweats01
それが生まれたばかりのmiiに移ってこれまたたいへんだったの wobbly
日中は家の中を走り回り、全然寝ない(寝にくいのは自閉症の特徴)。
夜になると39~40℃の高熱に変わり、夜中、病院に車を飛ばすのが常でしたね。

あとはプールが嫌い。
どこから水が吹っ飛んでくるのか予想できないから…。
夏は毎日号泣していましたcoldsweats01
あと土いじりも嫌い。
潔癖症でしたね…あの頃は…。
今は大丈夫ですgood

そして年長の頃、2年半も待って地元では自閉症の第一人者が揃った病院にようやくかかることができたのです。
初めての日。
どこの病院でもなされたこれまでの経過を話し、yoshiへはテストをした後、精神科医に呼ばれました。
たぶんですが、第一声が「自閉症です」だったと思います。
目の前が真っ暗になりました。
そして『一生直らない』ということも続けて知らされました…。
たぶんしばらくは落ち込んでいたんだと思いますが、敵の正体がわかったことで闘いやすくなったこと、それから『yoshiを絶対良くするんだ』とムダに頑張らなくてよくなったことでようやく楽になれたんですhappy01

それから自閉症についての本を読んだり、講習会に行ったり、先輩のお母様のお話を聞いたりする日々。

まだ保育園児だったyoshiの母で自閉症に対しても初心者であったAKIには、立派に働いて趣味も生活も充実してる当時20歳代のお兄さんがとても素敵で大人に見え、お母様の子育て論もすごく勉強になったことを覚えています。

そして当時から担当の臨床心理士。
AKIより少し年下の彼女は、当時は可愛らしいお姉さん。
でも判断や対応は的確で彼女との出会いはAKIに明るい光をもたらしてくれました。
あれから13年…。
彼女は大御所・臨床心理士に成長し、後輩たちの指導はもちろん第一人者の精神科医とともに学会にも出席しています。

kikuはね…彼女には1回も会ったことがないんだけど、AKIが誰よりも頼りにしている彼女が憧れの存在で小学6年生の頃から臨床心理士になるのが夢なの。
来年は本格的に進路を決めることになるので、今は本当にその道でいいのか悩み始めているけど、好きな分野ではあるみたい…。
まぁ、ず~と後のことだからどうなるかわからないけど、いつの日か本当に臨床心理士になっちゃって、大御所の彼女に怒られてるkikuを偶然見てしまう日がくるのか?…な~んて考えたら ( ´艸`)プププ です。

ちょっと話が逸れてしまいましたね (;;;´Д`)ゝ
yoshiの小学校入学からです。

小学校へ入学するのも一苦労でした。
普通級、通級、特別支援級(前:特殊学級)、養護学校の小学部どこに入ればいいか専門の機関にかかる必要があるのです。
その頃のyoshiの状態が一番ひどく、やらなきゃいけないのにやらないという症状が出ていました。
…なので結果は特別支援学級。
どこに掛け合ってもこの結果は変わりませんでした。
障がいを持った子どもは学区に関係なく学校が選べます。
幸いyoshiは学区の小学校の先生や校長先生がいい方だったのでそこに決めました。

yoshiの入学と同時にkikuも幼稚園に入園。
行事の参加や送迎バスの送り迎えは親が行くのが必須。
その頃は延長保育もありませんでした(翌年から実施)
yoshiの行事と重なることもしばしば。
そんな時AKIは迷わずkikuの方に出席しました。
でもyoshiのクラスでは来ない親はAKIだけだったようで、何度も先生とは話し合いをしました。
長い手紙も書きました。

…というのもAKIが自閉症(障がい)に関する本で初めて読んだのが『きょうだいは親にはなれない…けれど』という本でした。
障がいも様々、年齢も様々…。
でも障がい者の兄弟として生まれてきたことについて赤裸々に書かれていました。
AKIにとっては目から鱗でした。
AKIはこの本を読んで思ったんです…kikuやmiiがyoshiの妹弟に生まれたことで嫌な思いをさせたくない、寂しい思いをさせたくないと…。

kikuが生まれた頃から始まった病院や訓練通い。
小学校入学までyoshiに一生懸命の日々でした。
だからこの本を読んでこれからはkikuやmiiにいっぱい愛情を注ぎたいと思った頃だったので担任の先生から何と言われてもAKIの気持ちは変わりませんでした。

先日kikuが会話の途中でボソッと言いました。
「私…寂しいと感じたことは1回もない」と…。
何の話をしてそう言ったのかは全然思い出せないのですが、心が救われました。
特にkikuにはそんな気持ちを味合わせたくなかったから…。
当時から主人がほとんど家にいなくて我が家は母子家庭状態でした。
kikuは小さい頃からしっかりしていて3歳にはyoshiのできないことを手助けしたり、miiと遊んだり、絵本を読み聞かせをしたりして私を助けてくれていました。
たぶん世話好きで自然とやっていただけかもしれませんが…。


中学校の時も高校の時も何校も見学してyoshiと話し合って決めた学校。
そのおかげで先生やお友達にも恵まれ、楽しい学校生活が送れましたhappy01

来月からは本格的の就職に向けて始動します。
普通の子と違い、就職に関しても受け入れを了承していただいた職場に本人、保護者、先生が出向き、まずは面接。
それから実際その職場で2~3週間実習させていただき、その働きを見て決定となります。
実習中も中間にはyoshiの働きを見学する日、最終日には反省会があり、どちらも先生と保護者の参加が必須です。

学卒でも就職難の今年…状況は障がいのある子も一緒でかなり厳しいです。
はたしてyoshiはどうなりますか…。
またその時はこちらに書きたいと思います。

『光とともに…』という漫画をご存じでしょうか?
自閉症児の成長を描いたものです。

Thum_0009

何年か前にはドラマ化され、お母さん役を篠原涼子さん、先生役を小林聡美さん、そして自閉症の子の役は『銭ゲバ』で子ども時代の風くんを演じた齋藤隆成くんが演じていました。
たぶん図書館にも置かれていると思います。
障がいの重さやクセは違いますが、AKIが辿った道が描かれてます。
興味があったらぜひ読んでみてください。


yoshiの写真は載せられないので実父とAKIオススメの写真を載せますねhappy01

Img_96661_20195483_6

これが一番似てます… ( ´艸`)プププ
先日もkikuのお友達(JK)にも「イケメンgood」と褒めていただきました ι(´Д`υ)アセアセ

この横顔も似てます。

Photo

髪型も今はこんな感じでクセっ毛なとこも似てる。
鼻と上唇も…… 
( ´艸`)プププ
今、AKIの布団の隣にはこの健太がいつも微笑んでていっつも癒されてるよ…ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。

最後にyoshiへ…。
先日片付けの時に偶然見つけた保育園の卒園アルバム。
公立だからすべてが手作り。
お父さん、お母さんからyoshiへの贈る言葉なんてすっかり忘れていたけど、こう書いてあったよ。
「そつえんおめでとう。しょうがっこうへいったらせんせいやおともだちからいろんなことをおしえてもらって、そのなかからyoshiのすきなことがみつかるといいね。たのしいことがたくさんありますように…」

あれから10年以上経ったけど、この思いは変わってないよ。
社会に出ても職場の人たちに助けられながら頑張ってほしい。
いっぱい楽しんでほしいです。
一度きりの人生だから…。
お母さんはyoshiの笑顔が一番好きです…。

猛暑から逃れた信州の旅 その3

【3日目】

昨夜のお料理がすごく美味しかったので、朝食も期待大で食堂へ…。

Img_0670

一見、ちょっと…と思うかもしれませんが…ケチャップのかかったオムレツの中にはタマネギ、ジャガイモ、チーズが入っていて感動heart04

kikuもすごく気に入ったようで「家でも作れるね…wink←ブログを書いていて思い出しましたcoldsweats01今度TRYしてみます…。
パンは後から別の種類のも来ちゃって、なんと3個/人ずつsign01
朝からお腹いっぱいでしたcoldsweats01

最終日のこの日は【清里】へ。
信州の中でもメジャーな場所だけど、もしかしたらAKIファミリーは初めて訪れるかも…?
だってガイドを見ても知ってるところがひとつも見当たらないんだもん…。

昨日辺りからお盆休みっていう人も多いと思うからメジャーな清里はきっと渋滞しているだろうと腹をくくりました。

清里までの高速道路の渋滞は全くなくICを降り、最初の目的地は北杜市明野の【ひまわり畑】。
ここは7月下旬~8下旬、約60万本のひまわりが無料で楽しめるんです。
映画『いま、会いにゆきます』のロケ地らしいですが、TVで1回だけ見てそこそこ感動したんですが…ん~~~thinkどこのシーンで使われたのか全く思い出せません○|_| ̄ =3 ズコー

Img_0684

畑は最初ひとつだと思っていたら奥の方にもいくつかあって、どこもカメラを持つ人・人・人でいっぱいでした。 

Img_0685

充分ひまわりを堪能し、次は向かいの【ハイジの村】に行きました。
アニメのハイジをイメージして作られたようでハイジの家や山羊も数匹いますが、ちょっと違う感じで…coldsweats01
ハイジの走り回った自然のお花畑とは違いますが、庭園としては初日に行った【イングリッシュガーデン】より見事でした。

Img_0718

庭園内には結婚式が行えそうなチャペルもありました。

Img_0711_2

ショップが並ぶ一角はアルプスの麓の村のようで…高い塔に上り、写真を撮ってきました。

Img_0736

Img_0739

こちらは教会を正面から…。

Img_0707

【ハイジ村】をゆっくり1周廻っていたらもうpm1:00sign01
モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!
この日の昼食もガイドで調べておいた場所で食べる予定でした。
甲州地鶏の親子丼がオススメの【中村農場】sign01
その営業時間はpm2:00まで… 
アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

急いでるっていうのに、ナビに住所を入れても電話番号を入れても違う場所に連れて行かれちゃう…。
刻々と時間が過ぎてハラハラするばかり…。
結局主人が地図を見ながら運転してようやく見つけました…
(;´Д`A ```フゥ…間に合った~
…って思ったら待っている人がすごいんですけど~~~~sign01

30分ほど待たされてようやく席に着き、待ちに待った親子丼がこれです。

Img_0742

卵の黄色が濃くてトッロトロですhappy01
生産農家だけに鮮度はgood
このあと隣の売店で、【八ヶ岳卵のプリン】を買って車の中で食べました。
このプリンもとっても黄色いの…wink

そして次は【萌木の村】へ…。
AKIは今回ガイドを見て知りましたが、木々に囲まれた敷地に個性豊かな雑貨屋やカフェが集まっている清里では定番の観光スポットのようです。

まずはオルゴール博物館【ホール・オブ・ホールズ】でちょうど世界のアンティークオルゴールの演奏会があるというので行ってみました。
職員の女性が一人、白い手袋をはめて入ってきました。
なんとも重々しい雰囲気で演奏会は始まりました。
1900年に開催されたパリ博で作られたオルゴール。
オルゴールの大きさと音の大きさにビックリsign01

Img_0748

そしてAKIが一番のお気に入りはこれsign01
少年の吹く横笛と赤い小鳥のさえずりのコラボでの『トルコ行進曲』
横にキョロキョロ動く少年の目が可愛いの

Img_0749

そしてメリーゴーランドもありました。

Img_0752

TVのCMやアーティストのPVのロケ地として何度も使われているらしいです。

最後に主人が「清里といえば、やっぱソフトクリームでしょ~」の一言でお茶をすることに…。
pm2:00~3:00には出るつもりが、すでにpm5:00。
高速道路に入ってしばらくするとやっぱり大渋滞にハマってしまいましたsad
運転を交代し、途中からは豪雨の中、pm11:30到着 ┐(´д`)┌ヤレヤレ
やっぱりこっちは暑~いsad
猛暑を忘れられた3日間は天国でした…。


これでAKIの夏休みの宿題はようやく終わり~~ヽ(´▽`)/ワーイ!←1ヶ月も遅れたけどね…
12日(日)の未明に発表されるヴェネチア映画祭の『ノル森』の金獅子賞はたまたケンちゃんの男優賞獲得を楽しみにゆっくり待ちたいと思います←あんまり時間ないけど…



































続きを読む "猛暑から逃れた信州の旅 その3" »

猛暑から逃れた信州の旅 その2

【2日目】

今日は天気sunも良さそう…。
高原の景色を見ながらの朝食はついつい食欲が出ちゃいます。

Img_0600

Img_0605

Img_0608

今日は【白樺湖 ファミリーランド】で1日過ごす予定。

まずはパターゴルフをやろうと受付までカヌーで移動。
ゆっくりのんびり20分かけて…。
日差しは強いけど暑くなくて風が心地いい。

受付でパターと球を各自選び、順番に打っていく。
ここにはコースがいくつもあって、AKIたちが指定されたコースは湖のすぐ脇。
球が湖に落ちたんじゃないかとドキッとする場面が何度もありました (;;;´Д`)ゝヤレヤレ…
結果…器用な主人がダントツの1位sign01
あとの4人はまぁ…どんぐりの背比べですcoldsweats01
初めてkikuに4打差で負けて、世代交代を実感したAKIでしたweep

そのあと行った森林迷路では、走って滑りズボンを汚したmiiが1位sign01 
┐(´д`)┌ヤレヤレ

そして本日の昼食はまたもやガイドから見つけた【レストラン ひいらぎ】
洋食屋さんで手作りハンバーグが自慢のお店です。
ファミリーランドは再入場可なので車で【姫木平】方面へ。

Img_0639

AKIが注文したのはトマトソースの【アメリカンハンバーグセット】。

Img_0637

他にメキシカン、ロシアン、ジャーマンがあってそれぞれ違ってて面白かったですよ。

ファミリーランドへ戻る途中、白樺湖眺望ポイントに寄ってもらいました。

Img_0643

前日は変わりやすい天気でしたが、この日も気がつくと入道雲が…。
山の天気は変わりやすいですね…。
なかなか遠くの景色まで楽しむのは難しいです…think

そしてファミリーランドへ戻り、今度は遊園地へ…。
しかしAKIと男の子たちは速いの、高いの、暗いのが苦手…。
主人とkikuが次々乗ていくのをじっとベンチで待っているのが常なんです… (;´д`)トホホ…
ここでAKIが乗ったのは、びっくりハウスとゴーカートの2人乗りを助手席にmiiを乗せて…。
そしてゴーカートのレーシングsign03
これは初体験だったんですが、すごく楽しくて2回もやってしましましたgood
1回目はコツが掴めなくて激突…。
基本バックができないようになっているので、係のお兄さんに助けてもらうまでは身動きがとれないんです。
あっちでもこっちでも身動きのとれない車が続出でAKIが助けてもらったのは最後…。
結構身動きとれない時って惨めです…。
その間経験者の主人は何周も廻ってて恨めしかった…。
2回目は運転のコツを掴み、1回も激突しませんでしたscissors
あの惨めさは二度と味わいたくありませんから…coldsweats01
この時は、車を運転するのを躊躇していたyoshiとmiiも初挑戦sign01
やっぱり何回かお兄さんのお世話になってましたけどね ( ´艸`)プププ
でも経験すれば絶対上手くなると思うから、またどこかで機会があったらやらせたいな…と思っています。

実はAKIはこの旅行で一番楽しみにしていた場所があったんです。
園内ですが、少し離れた場所にある【世界の影絵・切り絵・ガラス・オルゴール美術館】
AKIのリサーチ不足で2,3分の差で閉館し、入れませんでした…ショックsign03
_ノフ○ 
楽しみは後回しにしてはいけませんね…。

P19235

Mus_img_02

Mus_img_05_2

Mus_img_04_2

日はまだまだ高く、遊べそうだけど時刻はpm5:00。
ファミリーランドも閉園の時間です。

今日の宿は白樺湖畔にあるペンション。

Img_0673

こちらが夕食。
主人の希望で【信州牛のフィレステーキコース】をチョイス。
前菜はエビやタコの入ったサラダ。

Img_0652

昨夜と同じくカボチャの冷製スープ。
だけど昨夜の味が薄れてしまうほど美味しかったですlovely

Img_0657

魚料理は【スズキ】
そう聞いて『カムイ』を思い出し、心の中で( ´艸`)プププだったAKIです。

Img_0659

みんながお待ちかねの肉料理。
信州牛のフィレステーキです。

Img_0662

デザートはブルーベリーとバニラアイスクリーム添えたりんごのタルトです。

Img_0664

AKIは生のりんごより煮たものが大好きなんで、すごく気に入りました。
信州もりんごが有名なんで、土産物屋さんはりんごを使ったお菓子が目につきましたね。

決して昨夜のペンションのお料理が美味しくなかったわけではないのですが、食堂の雰囲気やお皿のデザインも良くてすごく美味しかったですgood

食後は階段の脇にある小さなプレイルームに寄りました。
kikuはアップライトピアノを見つけ弾き始め、miiとAKIは昔ながらのサッカーゲームをはじめました。
人形が棒に付いているレトロなヤツなんですが、これが結構面白くって…。
やってるうちに興奮してきました。
途中で主人やkikuも混ざって4人対戦。
TVゲームは苦手なAKIですが、こういうレトロなのは得意なのか?一人勝ちでしたscissors

今夜のお部屋は5名1室の和洋室で広々。
お風呂も先に入った男性陣の情報から大きいのと小さいのがあるみたいで、kikuと二人大きな方にゆったり入りました。
ちなみに男性陣は両方同じ大きさかと思い、空いていた小さい方に3人で入ったとか…ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

【3日目】は清里へ向かいます。
続きは【その3】で…
 (○゜ε゜○)ノ~~

































続きを読む "猛暑から逃れた信州の旅 その2" »

猛暑から逃れた信州の旅 その1

「夏休みはどこか行かないのか」とだいぶ前から騒いでいたyoshi。
…というのも来年は就職予定なので長く休めるのも今年が最後だからなんです。
主人のお休みは年間スケジュールで今年の初め早々決まっていたけど、kikuとmiiの部活のスケジュールがなかなか決まらない。
やっと出揃ったのは7月の3連休前。
あと何日かで待ちに待った青森heart04
ぶっちゃけそのことで頭が一杯なんだけど、一人だけ楽しませてもらうっていうのもちょっと気が引けているのも事実で…。
yoshiのために何とか旅行を計画してやるか…と重い腰を上げてみた。
でもでも…夏休み中、5人揃って予定のない日が一日もな~~~~いsign03モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!
苦肉の策で、主人に1日休暇を取ってもらい、kikuに3日、miiに1日部活を休んでもらうよう提案。
主人は「1泊2日の旅行じゃあダメなの~?」
『1泊2日で行けるとこはどこも暑いんじゃあ~angry』…主人納得
kikuは「なんで伊豆のあのペンションにしなかったの?行きたがってたじゃん…あたしも行きたいし…」
『あんたが暑いと一番ブーブー言うからでしょうが~』…kiku納得
そんなこんなでみんなを納得させ、猛暑から少しでも逃れるために選んだ行き先は【信州】sign03
なんてったって今回は時間がなさ過ぎ。
早速ガイドを2冊も買い込み、大まかな計画を立て宿泊場所だけは確保(;;;´Д`)ゝフゥ~

青森から帰宅後は楽しかった余韻に浸っている訳にもいかず、必死に行程作成…。
そして出発の前日は炎天下の『GANTZのパブリックビューイング』に行くという過密スケジュールをこなし、なんとか青森から4日後、信州へと出発したのでした。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。

【1日目】
am6:00自宅を出発。
途中、コンビニでおにぎりなど買い、軽めの朝ご飯。
…というのも今日はいろいろ食べたいものがあってのこと。

初日は【蓼科】方面へ。
まずは【横谷峡】のハイキングコースの入り口にある【乙女の滝】へ。
駐車場からハイキングコースに入るとすぐにありました。

Img_0503

乙女とは思えないほど迫力で高い場所から大量の水が落ちてきます。
その水が霧となってAKIたちにもかかって涼しかったですよ。
落差は20mだとか…。


そして次はハイキングコース最後の【王滝】へ。
何故いきなり最後の【王滝】かと申しますと…
かつて主人とAKIが若かりし頃、2泊3日の荷物を持ち、普段着に飲み物も持たずに歩いたことがありました。
ハイキングコースには滝がいくつか点在していてそれはそれは素晴らしい景観で清涼感も味わえるのですが、途中には自販機1つなく、涼しいと言っても荷物を持って4㎞の山道を歩くのは今思うとなんとも無謀な計画で、まだ乙女だったAKIはマジで半べそをかきながら歩いたという経験があるからなんです。
それこそ子どもたちにここを歩かせようものならブーイングの嵐は必須。
…で今回は簡単に最初と最後を見るだけにしたのです。

駐車場から【横谷観音】の前を通り、下を覗くとず~~~と下に滝。
もしかして…あれが【王滝】
???
「あそこまで行ったら戻ってくるのがたいへんだよ~」と主人。
AKIたちの脇を完全装備のハイキングをする団体が通過。
《ん~~~、やっぱり無理かも?…っていうかAKIが一番無理そう…
 
上から眺めるだけにしましたdown

Img_0512_2

これで目一杯の望遠。
全然迫力が伝わりませんね。
落差50mなんだそうですよ。
苦労して近くまで行った人だけが味わえる迫力ですね。

王滝を見た場所からの景色です。
涼しさ、伝わりますか?

Img_0507













そして早めの昼食にしました。
ガイドで見つけた【cafe haus 千乃壺】

Img_0523

涼しいのでテラス席をチョイス。
AKIはここで『季節の果物のオムレツケーキ』を食べて見たかったです。

Img_0522

この時は桃でした。
美味しかったですよgood


ちなみに主人は牛ほほ肉のカレー、kikuとmiiはチキンカレー、yoshiはボリューム満点のハンバーガーでした 
( ´艸`)プププ

それから【バラクラインイングリッシュガーデン】へ…。
ここもかつて1歳のyoshiを連れて来たことがあります。
その時、素敵なガーデンに魅了され、今回も行ってみることにしたのですが…あれれsign02
目立つのはイギリスのお土産が置かれたショップや苗の販売、カフェなどで庭園は手入れが行き届いてない感じ…。
ちょっとガッカリでしたdown
( ´艸`)プププ
写真では素敵に写ってますねcoldsweats01

Img_0551

Img_0540

それでもイギリス好きのkikuはショップで盛り上がり、クラスのこれまたイギリス好きのお友達へのお土産選びに必死。
ようやくスコーンといろんな味の入った紅茶を選びました。
そしてしっかり自分用のスコーンも買い込んでいましたよ… ( ´艸`)プププ
ショップで結構時間を費やしたもののあっけなく庭園を1周廻ってしまいました。
実はここでもぜひ、食べておきたいものがありました。
pm2:30~食べられるアフタヌーンティーセットです。
ちょうど雨も降り出し、車の中で1時間待機。
主人とAKIはしっかりお昼寝sleepy

そしてようやく有り付けましたsign01
これがアフタヌーンティーセットheart04

Img_0546

1段目には人型のクッキー。
2段目にはスコーン。
3段目にはサンドイッチ。

イギリス人は毎日こんな優雅なひとときを過ごしているんでしょうか?
羨ましいかぎりです…。

もうkikuのeyeは輝いておりましたshine

スコーンは早くもkikuとmiiに取られてしまい、yoshiはクッキーを選び、そして残ったサンドイッチを主人とAKIで食べました。
トマトやきゅうりが入っていてgood

ここでの任務を無事遂行し、次は【ピラタスのロープウェイ】へ。

Img_0558_2

さっき降った雨のせいで遠くの景色はほとんど見えませんでした。
頂上は標高2337m。
ロープウェイを降りたら《寒~い》って思ったけど、1周30分の溶岩でできた【坪庭】を歩いてたらちょうどいい涼しさに…。
さっきまでは豪雨だったとか…。
雨が止んだのは良かったけど霧に覆われて景色は最悪でした…sad

Img_0568

このほか眺望ポイントをいくつかチョイスしていたんですが、行っても無駄なようなのでペンションへ直行することにしました。

今日の宿はピラタスの丘にあるペンション。
残念ながら5名で泊まれる部屋がないので男女に分かれることにしました。
夕食はこちら。
前菜はスモークサーモン。
脇に添えられていたコーンとカボチャは生で食べられるものでした。

Img_0578

冷製カボチャスープ。

Img_0581

蟹の甲羅の中に蟹の中身を調理したものを詰めて炒め野菜を添えたもの。
AKIはこれが一番美味しかったですgood

Img_0588

メインのローストビーフ。

Img_0591

デザートの記憶がなくて…。
え~と、スイカとキウイが添えられていてバナナのシャーベットに何かのムースでした (;´Д`A ```

Img_0596_2

この情報をくれたのもmiiで…。
ムースは「何の味もしなかった」との感想です…。

野菜が豊富に添えてあって、全体的にさっぱりしたものが多く、量もAKIにはちょうど良かったんですが、他の人たちはもっとこってりとしたボリュームのあるものが食べたかったみたいです。

食後、部屋の中ではkikuは終始ペンションの漫画に夢中。
そしてAKIは『パブリック…』の記事作成に追われたのでしたsad
実は前日のうちに完成させようとam1:30まで頑張ってはみたものの出来上がらず、宿題として持ってきたのでした (;´д`)トホホ…
その甲斐あって帰宅後すぐにUPできましたよ (*^ー゚)b!

【2日目】は白樺湖へ。
【その2】を待ってて下ちぃ 
♪(o ̄∇ ̄)/

続きを読む "猛暑から逃れた信州の旅 その1" »

ケンちゃんにどっぷり浸った青森の旅 その5

青森の旅から早くも1ヶ月経ってしまいました~~wobbly
ずいぶんお待たせしましたが、ようやくこの記事で完結となります。


陽人の家から後潟方面に向かい、同じ道沿いにある写真家・梅佳代さんが撮られた【ウルミラ写真集で使われたバス停】。

Photo_7

あ~あsad
miiを連れてくれば良かったよ~。
こんな陽人の役ができそうなのはmiiしかいないもんね~。
…なのでこんな殺風景な写真になってしまいましたsad

109

そして同じ場所から海の方を見れば、映画で少年たちが遊んでいた砂浜が…。

Photo_2_4

なんでこんな何げない場所を見つけられるんだろう????
AKにIはとっても不思議です。

110

その少し先には【陽人の歩いた防波堤】。
昨年も探したAKIですが、この道沿いにはこのような場所がいくつもあって特定できませんでしたweep

Photo_14_2

111

そして今回Oさんのご協力のもと探し出した【太の勤める農協】。
青森の旅 5回目のアハ体験sign01

Photo_8

…ですが、この日は日曜日でお休み。
何とか中を見たいカメラを持ったおばさんたち…。
建物の周りをグルグル廻ってみたものの窓という窓にはブラインドが下ろされ、中の様子を伺うことはできませんでした。
諦めかけたとき、どなたかが玄関の脇にある透明な窓から中が少しだけ覗けるのを発見sign03
代わる代わるそこから中を写真に納めるおばさんたち…。
AKIもやってみましたが、真っ直ぐ構えると全然中が写せない。
かといってカメラを傾けるとガラス窓に景色が写ってちゃう…。

112

いろいろ試行錯誤した末、Kさんに鞄で景色が写らないようにガードしてもらい、ようやく満足のいく写真が撮れましたgood
それがこれ。

114_2 

でも、やっぱり中に入って見たかったな…despair

そして、松友さんが撮った問題の写真 。
タイトルは『怪しいおばさん』。
そして「いい写真が撮れたよ~」って上機嫌で車の戻ろうとして気がつきました。
隣にはなんと、派出所があったsign03 
!!(゚ロ゚屮)屮
これがおじさんたちだったら間違いなく職務質問されていたことでしょう…。

H22730_135

次は【後潟小学校裏の空き地】へ。
撮影が始まったばかりの2008、9。
気温30℃の中を走り続けるケンちゃんでした。

01_3

ここは昨年AKIが見つけた場所で他の方たちは初めてだとか…。
昨年は雨が降って空き地に入ることができず、写真を数枚撮っただけで退散。
今年は…と楽しみにしていたら車が空き地にいっぱい。
どうやら闘鶏が行われているようでした。
普段目にすることのできない闘鶏を見られたのはラッキーでしたが、撮影してた時の風景とはかけ離れすぎでちょっとガッカリdown

117

同じ場所にある廃校跡。
写真集の中でこの写真はAKIのお気に入りlovely
梅佳代さんにのせられたのか?…陽人が憑依してるのか?
とにかく ( ´艸`)プププ

Photo_10

115_2

そして再びさっきの道に戻り、後潟方面に進むとありましたsign01
あっちゃの家。
すごく来たかったけど、見つけられなかった場所でした。
あっちゃの家の前には「ここがロケ地です」と書かれたウルミラポスターが…。

121_3

すっかり色褪せちゃって、時の流れを感じます。
そしてこれがあっちゃの家。

119_2

この網戸を見てると思い出しちゃう…。
陽人の顔… ( ´艸`)プププ

続きを読む "ケンちゃんにどっぷり浸った青森の旅 その5" »

ケンちゃんにどっぷり浸った青森の旅 その4

とうとう青森の旅も最終日。
でも今日は【ウルミラ】ロケ地三昧で一番楽しみでもあります。
てんこ盛りのスケジュールだけど1つでも多く廻れますように…。
Mさん、Pさんとは蓬田で待ち合わせ。

…なのでまずは青森市内から…。

宿泊したホテルからすぐのボーリング場へ。
ケンちゃんが撮影期間中に訪れたらしいですよ。

078

そして、【ウルミラ】の中で幼少の時から陽人を診てきた三沢医師の病院として使われた【柿崎医院】。

080

昨年来た時はもうやっていないような感じでしたが、今回は【柿崎医院】の看板は外され、玄関前には車が…どなたか住んでいらっしゃるのかもしれません…think

ロケ地が少しずつ変わってしまうのは悲しいですね…。

そしてここも撮影期間中のケンちゃんが訪れた映画館。

083

「ポニョ」を見たそうです…。

【ウルミラ】の撮影中はおばあさん宅に行ったり、ボーリングをしたり、映画を見たり、飲みに行ったり…いつになくリラックスして仕事ができたんだなってことがわかって嬉しくなりましたhappy01

ここはAKIたちが新しく探し出した【ウルミラ】ロケ地です。

町子先生の仕事帰りに一緒に歩くシーン。

Photo_4

「トータスって陸亀のこと…」のシーンの空き地です。
ここから【進化】の話が始まって…花火が上がって…。

084_2

そしてたばこ屋さんの前を通っていくシーン。
青森で3回目のアハ体験sign01

Photo_2_3

あのシーンと同じようにAKIたちも空き地から花火を上げた広大な田んぼを見て、たばこ屋まで歩きました。

意外に車の通行が多いのにビックリw(゚o゚)w
どうやら抜け道のようです。
だから夜の撮影だったのかな?…な~んて勝手に納得しましたcoldsweats01

086_2

ここからKさんに運転を交代してもらって津軽半島を北上rvcardash
まずは【中沢】へ。

ここにも【ウルミラ】のロケ地に使われた園児の女の子たちと一緒に来た公園です。

Photo_5

地区はわかっていたもののPCで特定することができなかったので、現地に行ってから聞いてみることにしました。
だけど中沢地区に入ったものの人も歩いてないし、お店もない…sign03 !!(゚ロ゚屮)屮
困っていたらようやく理容店を発見sign03
早速AKIが降りてお仕事中のご主人に尋ねました。
「この辺にお墓が隣にある小さな公園ありませんか?」
『ありますよ』
そう言ってご主人はお客さんの髭剃りの手を休め、外に出てきて教えて下さいました。
幸い近くで、目印の看板もどうにか見えていました。
ご主人に教えられた通り行ってみるとありましたsign03
お墓が隣にある小さな公園~~~。
地区が合っていたらそんな公園がいくつも存在するとは思えなかったので、現地の人に聞けば一発だと思ったのが大当たりgood
この旅4回目のアハ体験ですsign01

Photo_3_2

そして「そろそろトイレ休憩でもしたいね」ということになり、0さんが「よもっとに行けばあるよ」と…。
【よもっと】は蓬田のバイパス沿いにある物産店…っていうのかな?
AKIにとっては初めて行く場所でした。

AKIが二人と離れて自販機で飲み物を購入しているとMさんとPさんに遭遇~ w(゚o゚)w
そして物産店で寛ぎたいMさん、Pさんを駐車場に残し、ここから歩きで行かれるロケ地を以前来たことのある0さんに案内してもらいました。

まずは自転車の長押しシーン。

06

AKIの好きなシーンの一つです。
陽人と町子先生…恋人じゃないけど、なんかホンワカした感じがgood

後ろに見える景色が決め手なんですが、現地に行くと同じような道が何本もあって写真かDVDがないとわからないですね。

091_2

そしてクネクネ道。

Photo_4_2

ケンちゃんアドリブの「アレ?アレ?何かが出・て・く・る~~~~なんつってsign01」のシーン ( ´艸`)プププ

094

ここには去年もmiiと来ましたが、立ってみると映画とは違って見えたので最初は違う場所なのかと思いましたが、車で探してみてもここ以外にクネクネ道はなく、結局舞い戻ってそれらしく見えるように写真を撮って帰ってきたのでした。

今回はわざわざPさんがご主人のTさんに連絡をしてくださり、ここぞという撮影スポットを教えていただきました。
「よもっと」で寛いでいたMさん、Pさんにわざわざ来て頂き、そしてお休み中のTさんまで…本当にお世話になりましたm(_ _)m

そして町子の元彼・要と出逢うシーンもこの場所。

Photo_5_2

首のない要役はARATAさん。
無垢な心を持った陽人には普通の人が見えないものまで見えてしまうんですかね…( ´艸`)プププ
このシーンは上の写真手前の低くなっているところ辺り…?

ここはクネクネ道での撮影中にケンちゃんが休憩していた場所です。

093

なんと、バイパスの脇 Σ(゚д゚lll)アブナッ !
何気ない草むらでもケンちゃんが座っていたとなると宝物のような場所です。


そして【よもっと】に戻り、Mさん、Pさんが用意してくださった青森の味をいただきましたheart04

096

以前から噂に聞いていた甘~い茶碗蒸しと色鮮やかなお赤飯。
ここには写っていませんが、甘辛なたれのみたらし団子もいただきました。
主人の実家は青森とは真逆の南の端。
砂糖の消費が多く、お味噌もお醤油も甘いのです。
AKIはそれがちょっと苦手なんで、それを想像していたんですが、どれも美味しかった~~~。
確かに関東の味とは違いますが、AKIの許容範囲内scissors
小さい頃から東北の味に親しんでいたからかな?
年々父の性格に似てきて、父の好きだったものが好きになっていくから不思議…。
東北の味好きは今、yoshiとmiiが引き継いでますgood

お昼はまたあとで…なんて言って食べ始めたけど、すっかりお腹いっぱいに…coldsweats01
でも、青森に住む人じゃないと知らない味に出会えて、いい思い出になりました。
Mさん、Pさん ごちそうさまでした m(_ _)m

ここからは5人で【陽人の家】へ…。

098

昨年来た時とは違い、波は穏やかで海猫たちにも遭遇sign01
撮影用に作られた畑や洗濯物干しはなくなったちゃったけど、あの時のまま残っていてくれました。

昨年は陽人の家を見つけたことに興奮し過ぎて目の前にあった畑の跡地や倉庫を見落とす…という大失態(ノ∀`) アチャー
今回はちゃんと見てきましたよgood

104_2

手前の空き地が畑の跡地、そして陽人の家と「進化sign01」の倉庫。

この後もまだまだロケ地巡りは続きます。
どこも陽人が物陰からひょっこり出てきそうな場所ばかり…。
続きは【その5】で…。
お楽しみに~~~ (○゜ε゜○)ノ~~

続きを読む "ケンちゃんにどっぷり浸った青森の旅 その4" »

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

松山ケンイチ

  • 2012_12
    AKIが独断と偏見で選んだケンちゃんの画像の置き場! リニューアルしました。 見てね!
無料ブログはココログ