いま何時?

最近のトラックバック

サプライズ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

第2回 効きリンゴジュース!!

皆さま、たいへんご無沙汰致しておりましたヾ(_ _*)ハンセイ・・・
なんだか一日一日が目まぐるしく過ぎていくばかりで、なかなかブログが書けずにいたのですι(´Д`υ)アセアセ

あと数日で青森に旅立ちます…そう、ケンちゃんの故郷に…heart01
キャー、言っちゃった~~~~
c(>ω<)ゞ

…でお土産はリンゴジュースにしようと思っていたら、今回はお留守番のmiiに「今すぐネットで注文しろ~~~sign03(○`ε´○)」と言われまして…。
まぁ、あちらで買っても宅配で送るわけで…、同じかぁ…。

…というわけでケンちゃんお薦めの『ちょっとスイマセン森田村ってこのへんですか』と『JAアオレンのあおもり』をこの度各1ケースずつ購入しましたgood

そんなことがあり、『第2回 効きリンゴジュース大会』となったわけです。…あれsign02
『第2回』…?????
そうなんです。
『第1回』はもちろんありました。
昨年の秋、AKIがまだブログを始める前なので残念ながら記事はありません
(;´▽`A``

ケンちゃんが『99プラス』に出演の際、話しの成り行きで『効きリンゴジュース』をやることになり、それがおもしろくておもしろくて…我が家では大ウケ(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

Photo_5

そしてその時話題になった『森田村』を買い、その辺のスーパーで100%ジュースを何本か買い込んで『森田村』を当てるゲームをしたのでした。
その時の結果はというと…。
kikuとmiiは正解good
AKIはkikuの頭脳戦に負けたのでした…
il||li _| ̄|○ il||liヤラレタ…

そして今回のジュースはこちらの5本。

Photo_3_4

左から…
①主人の職場の方から偶然頂いたご実家で作られたもの。青森産です。
②kikuお薦めのQoo
③JAアオレンのあおもり
④スイマセン森田村ってこのへんですか
⑤近くのスーパーで見つけた『津軽完熟林檎』

ちなみに②以外はすべて果汁100%です。

そしてその結果、miiには悩んだ末に見事当てられてしまいました 
(´・ω・`)ショボーン
そしてkikuとAKIは、『JAアオレン』と『森田村』に悩んだ末、やられてしまいましたil||li _| ̄|○ il||li

ちょっとお味の感想を言いますと…①と②は身震いしてしまうほど甘~いの。
そして⑤は生のリンゴの味にすご~く近いので、人に寄ってはこちらが気に入る方もいらっしゃるかもです。
先に届き、AKI的にはハッキリとした味に思えた『JAアオレン』でしたが、飲み比べてみるとほとんど『森田村』のアノ優しい味と変わりませんでした。

そんな感想を3人で語り合っていたら横でその様子を伺っていた主人が混ざってきて全てを試飲( ´艸`)プププ
主人は『津軽完熟林檎』が気に入ったようです。

kikuはともかく、2連敗のAKI。
またもやkikuの頭脳戦に敗れたのでした( ゚皿゚)キーッ!!
負けず嫌いのAKI…絶対…絶対今度はkikuの頭脳に勝ってやる~~~~\(*`∧´)/
…って『第3回』はあるの????

「ノルウェイの森」世界初出し映像!!

本日ついに「ノルウェイの森」の動画が解禁となりましたsign03

しか~しsign01
残念ながらAKIにはブログに動画を載せる技術は持ち合わせていないので、
その様子は画像でご勘弁を…。

Img_0155

AKIが見たのは「ズーム」でしたが、他でもやっていたのでしょうかsign02
「スポーツ報知」には記事も載ったみたいですよ。
またPCでもcinemacafe.netやシネマトゥデイ、オリコンなどで多く取り上げられていました。

なんと言っても描写がすごく美しいlovely

01
木立や山肌、日差しなんかが初夏の頃を思わせるような強い日差しや新緑の眩しさがすごく伝わってくるんです。

そしてケンちゃんのナレーションも一言だけありました…。
「あの気持ちは、ぼくが一度も感じたことのないものだった…」
ケンちゃん特有のボソボソッとしたしゃべり方でしたよ ( ´艸`)プププ

Img_0161_2 

そしてそして…今回の発表ですごいのはそれだけではありませんsign03
主題歌にビートルズの「ノルウェーの森」が使われるということですsign03
それがどれくらいすごいかと言うとですね…。
ビートルズのカバー曲が映画の主題歌に採用されることは過去にも何度かあったみたいなんですが、ビートルズの演奏によるオリジナル楽曲が採用されるのは世界配給の邦画では
sign03なんだそうですよ。
す、すごいですね~ヽ(´▽`)/
トラン・アン・ユン監督が1年がかりで交渉し、ようやく許可がおりたそうですよ。
その背景にはやはり日本で1000万部以上を売り上げたということと、36カ国の言語に翻訳され世界中で愛された村上春樹さんの作品だということが大きかったようです。
最近では『1Q84』も爆発的に売れた村上さんはやっぱり偉大な方でしたheart04

Photo_3

Photo_2_2

ここだけの話ですが…。
もし神様が一つだけAKIの願いを叶えてやろうとおっしゃったとしたらAKIは迷わず、「村上春樹さんの文才を下さい」と言うことに決めています。
こんなことをkikuと二人で日頃から語り合っているお馬鹿親子でございます(*_ _)人ゴメンナサイ

そこまで愛してやまない村上春樹さんなのに…。
『ノルウェイの森』は読み終えてすぐにまた読み始め、最後には思わず抱きしめてしまったくらい大切な本だったはずなのに…。
上下併せて¥210でお買い上げ~sign01ってどういうこと~sign02
そして今すご~く読みたい『1Q84』の1巻までも¥780でお買い上げってどういうこと~sign02

村上さ~ん、ごめんなさい。
『海辺のカフカ』も絶対読みますからどうか許してくださいませcrying

土曜ドラマ「美丘」スタート!

先日『美丘』の第一回が放送されました。
録画派のAKIはなかなか時間が取れず、もちろんまだ見てなくて…coldsweats01

そして今日、学校から帰ったkikuから「○○ちゃんが【美丘】を見て泣いたんだって~」と。
「何ぃ~up
これはぜひとも見なければ…。
早速HDDをポチッ。

2ヶ月前、原作を読んだAKIは何度となくこの本には泣かされてしまい、すっかり石田衣良さん&美丘ファンに…。
それが偶然にもドラマ化決定のお知らせを耳にし、楽しみにしておりました。

まず美丘役には吉高由里子ちゃん。

Gantz

AKI の吉高由里子ちゃんのイメージって最近撮影があった「GANTZ」のこんな可愛らしいイメージしかなく…。
美丘って子は決して美人ではなく、ゴスロリファッションっていうのかよく詳しくはわからないけど、ライダースーツとかドクロものとかが似合っちゃうファッションで、性格も行動も斬新sign01
なんかイメージ違うんだけどな…。
でも初回の由里子ちゃん頑張って美丘になろうとしてたよgood
AKIの中ではもっともっと斬新なイメージなんだけどね…。

そして太一役の林遣都くん。
この役もAKI的にはもっと本好きの真面目な秀才タイプを想像してたの。
でも遣都くん、映画『パレード』では見事にイメージを崩してくれたし…期待してます。

綺麗どころの麻里役は納得good
おちゃらけた邦彦役の勝地涼くんの演技は原作以上に最高でした。
芝居の中でもみんなを引っ張ってている感じがしましたよ。

F38f7_211_20100707154322_00_400

美丘のお父さん、お母さんもイメージもいいところのお家みたいな感じで違うし、
原作には細かい設定なんかも描かれてなかったり、違っていたりして残念なとこもあったけど、映像の力ってスゴイのかな?
こちらのイメージにすり替わっていく感じがしたの。


20歳にして余命1年を宣告された美丘。
誰もが描く未来予想図なんて美丘には関係ない。
今の医学では治すことのできない病に冒され、検査を受けたり、入院する意味さえない彼女がしっかりと自分の病気と向き合い、自分らしく生きようとする姿がとても美しく見えてくるんです。

そして余命を告げられ、どの医者に駆け寄っても治療を受け入れてもらえない中で、美丘の前では努めて明るく振る舞う彼女の両親(寺脇康文さん、真矢みきさん)。
そして美丘がいない場所では夫婦で本音を話したり、美丘の幼いアルバムを開いては涙したり…。

母となった今、美丘の気持ちもご両親の気持ちも痛いほどわかるからやっぱり涙をとめられませんでしたcrying

これから約3ヶ月、AKIはどれだけの涙を流すんでしょうか?

旧友っていいな…

中学校時代の同窓生のYちゃんとMさんとランチに行ってきました。
なんとsign011年ぶりsign03 w(゚o゚)w

Yちゃんとは2,3年生で同級生。
しかも出席番号が続いていたのがきっかけでお友達に…。
…といってもお互い人見知りがひどいので友達になるまでにだいぶ時間がかかったんだよねcoldsweats01
そして高校からは全く別々の道に進んだんだけど、年に何回か会うつきあいはずっと続いてて今に至ります。
只今Yちゃんは小4の男の子のママ。
何年か前までは実家で暮らしていたので行き来も頻繁だったけど、県内だけど遠くにお家を買ってなかなか会えなくなってしまったんですよdespair

一方、Mさんは中学時代一度も同じクラスになることなく、Yちゃんのお友達でAKIとはお知り合い程度の仲でしたcoldsweats01
なので中学卒業後は一度も会うことはなかったのですが、AKI一家が今の場所に家を建てることになったちょうど同時期に同じ道沿い歩いて5分の場所にMさん一家もお家を建てるのだとMさんが知らせてくれたのですsign01
そして聞くところによると長男はyoshiと次男はmiiと同じ年だというじゃありませんかsign01
偶然にもご近所さんになったMさんとはそれから仲良くなりました。

3人で会うようになってから考えても、もう12年ほどのお付き合いになるんですよ。
MさんとAKIの長男がまだ小学校に行っていた頃は結構お互いの家に呼び合って一緒にランチやたまにディナーも一緒に食べたりしてて…。
子どもたちはTVゲームで盛り上がり、ママたちはおしゃべり三昧。
時にはMさんとAKIの子どもたちが学校に行っている間にまだ赤ちゃんだったYちゃんの長男を連れてAKIの小さなマイカーで買い物に行ったり、食事に行ったりもしたな…。

子どもたちの成長とともに習い事だ~sign01、部活だ~sign01子どもが早く帰ってくる~sign01って子どものスケジュールに親が振り回されてなかなか会えなくなっちゃったweep

昨年もたしか6月に会って「夏休みが終わったらまたね~~~paper」なんて言ってたのに…気がつけば6月になってた~~ 
w(゚o゚)w

今回はYちゃんがメールや電話で頑張ってくれて実現←Yちゃん、ありがとうね ♪(o ̄∇ ̄)/

最近はうちらとYちゃん家のほぼ中間にある某駅で会って、朝早くからやっているカフェでまずはお茶cafeをしてからお昼前にランチrestaurantに行って、〆はスィーツcakeがお決まりのコースgood

当日の朝、野暮用があって遅れる予定だったAKIだったけど予定がかわり、時間より早くカフェに着けちゃったI。
Yちゃんはすでに来ていました。
そして待ち合わせの時間通りに着いたMさん…。
家族の愚痴や子どもの悩み、近況やもちろん昔話なんかも出て、1年ぶりにあったのに全然話が途切れないsign03

「ねぇ、そろそろ食べに行く?」
その一言でカフェを後にしたAKIたち。
いつもだったら「どこにする?とりあえずあの辺のレストラン街に行ってみようか?」という流れなんだけど今回は違いました。
「調べてきたの」とMさん。
「この辺に美味しいイタ飯屋さんがあるんだけど…そこでいい?」
もちろんYちゃんもAKIも即OKgood
地図を見たらすぐそこでした。

なんとそこのイタ飯屋さん、kikuの高校の御用達のお店のチェーン店で「今度食べに行こうよ~」と誘われてたとこでした。
kikuと行く前に入っちゃったよcoldsweats01
さっきのカフェですっかり冷え切っちゃったAKIたちはカフェテラスで食べることにしました。
AKIは入り口にあったおすすすめランチの立て看板を見て即決定sign03

「半熟卵が乗ったカルボナーラ」ドリンクバー付きheart04
実はAKI…カルボナーラ苦手なんだけど、あると絶対食べちゃうのweep
理由は松ファンならわかりますよね。
ケンちゃんの好きなものってAKIは大概嫌いなのが悲しい…。
さっさとメニューを決めてしまったAKIの目の前でメチャクチャ悩むお二人さんを見ていると笑いが込み上げてくる 
( ´艸`)プププ
いやいや、二人は真剣に悩んでいるんだから笑うべきではないはず…でも… ( ´艸`)プププ
ようやく決まって注文。

そして来ました…AKIが頼んだカルボナーラとアセロラジュースrestaurant

Photo_4

トッロトロの卵が美味しそうでしょ?
最初は美味しいんだけど後半が進まない…。
やっとの思いで完食。
ケンちゃん、少しだけ恨みますangry

ここでも3人のおしゃべりは一息もつかず…気づいたらYちゃんの帰る時間がもう間近に…。
なんか話足りない…。
ギリギリ間に合う電車の時間を携帯で再検索した後、速さが自慢のスタバで再びおしゃべり。
もう時間だというのにYちゃんはなかなか去ろうとしないで立ちながらしゃべっちゃってるし…。
「また、夏休みが終わったら会おうね」お決まりの台詞を言って去って行った。
それからはMさんと二人でおしゃべりの続き。
Mさんも実を言うとこれからお仕事が待っている。
それなのにギリギリまで時間を延ばしてくれて…内心AKIは涙もんでしたcrying

10代の初めに知り合ってみんな妻となり、母となって同じようなことに楽しんだり、悩んだり…。
彼女たちとはポンポン何でも言い合えちゃうし、痒いところに手が届くような感じ。
AKIにとっては貴重で大切な存在。
Yちゃん、Mさん…面と向かって言うのは恥ずかしいからこんなところに書いちゃうけど…これからもAKIとAKI一家をよろしくねo(_ _)oペコッ

続きを読む "旧友っていいな…" »

やっと、終わった~~!!

やっと終わったのは子どもたちの体育祭ですcoldsweats01
えっ、今頃sign02
いえいえ、実際終わったのは先月の20日過ぎでして…。
全然タイムリーじゃないんですが、そこのところは無視してくださいまし m(_ _)m

いやぁ~、今年は暑かったり、寒かったり、雨に悩まされたり…大変でした。

まず5月半ばにyoshi(高3)にとって最後の体育祭が、いいお天気の中予定通り行われ、今年は祖父と主人の3人で行ってきました。
思えば…高1の時は雨で延期になったので仕事のため行くことができなかったAKI。
たしか主人と祖父で行ってもらったはず?
そして高2は受験生だったkikuの高校見学の日と重なり、午後からはそちらへ。
最後の今年だけ最初から最後まで見ることができました。

絵に描いたような五月晴れだったのでAKIは日焼けを心配して長袖にベストという服装…これが正解でしたgood
祖父と主人は肌着に長袖シャツという軽装で1日寒さとの戦いでした。
【借り物競走】あり。
【クラス対抗リレー】は全員参加。
yoshiは足が遅いので順位を下げなかったことは褒めてあげたいと思います。
最後の2名の子がすごく速い子たちで結果1位sign03
【部活対抗リレー】は部活に関係のあるものをバトン代わりに持って走るんです。
まぁ、体育会系はマジなんですが、文化系の方は愛嬌で走る感じですcoldsweats01
yoshiは『チャレンジ検定部』に所属。
文字通り検定を受けるために日々勉強する部です。
スタートラインでは部長が部活紹介。
部内で高3はyoshiだけなので必然的に部長のyoshi。
漢検テキストをバトン代わりに手に持ち、部活紹介をしてました←堂々としたyoshiにちょっとビックリ w(゚o゚)w

閉会式が始まる頃にはすっかり観覧席の全てが日陰になってしまい、耐えられなくなった祖父と主人に従って帰宅しました ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

次の週はkikuの体育祭でした。
前日が大雨だったせいで当日はいいお天気だったのに延期crying
延期した日の前日も大雨だったため1時間遅れの開始でした。
当初からkikuの体育祭は平日開催だったので主人は「見に行かないsign01」と言っていたのですが、口では言わないけど見て欲しいオーラを出しているkikuの気持ちを汲んで急遽午前だけ観戦してくれました。
kikuの高校は体育祭が名物行事で、一番の見物は1年生全員参加の【応援合戦】。
男の子は学ランで応援団風。
女の子は白の半袖ポロシャツに制服のグレイのミニスカートとルーズソックスという出で立ちのチアリーダー風。
この練習がものすご~く大変でして…4月半ばから本番までの約1ヶ月、朝練、昼練、放練が毎日あるんです。
曲を決め、構成を決め、ちょっとの乱れも許されないangry…そんなプレッシャーの中でへとへとになりながら頑張ってましたね。
もちろん点数をつけられ順位が発表されます。
1位の予想がまさかの3位sign02
でも4チームすべてに拍手を送りたくなるほど素晴らしいものでした。
そしてkikuの学校は縦割り4色のチーム分けなんですが、色に関係なく2,3年生の先輩たちが「いいぞ!」とか「頑張れ~!」とか熱い声援をたくさん送ってくれるんです。
そんな学校を見たことのないAKIはその光景にすごく感激してしまい、この学校を選んで本当に良かったと心の底から思いましたweep


そしてもうひとつの名物がチームカラーをイメージしたマスコット(看板)作り。
これもしっかり点数化されます。
一部の2年生が図案を考え1年生の有志が色塗りをします。
kikuは一応美術部なので参加。
これも放課後遅くまで残り、買ったばかりの体操着、Yシャツ、上履きはペンキで汚れ、親の方も痛かったですweep
その甲斐あってラッセンのような素敵な絵が完成し、マスコットは見事1位sign03
それから【クラス対抗リレー】にも参加。
第一走者のkiku。
責任重大ですsign03
一応元陸上部、2年連続女子学年1位の肩書きは持っているんですが、なんと他のクラスの子たちは全員現役陸上部sign03 
!!(゚ロ゚屮)屮
何とか6人中4位でバトンを渡せました (;;;´Д`)フゥ~、よかった~
クラスごとに適当に色分けしただけなのになぜか何をやってもkikuのチームが強く、予想通りの優勝sign03

なんとそのカラーは4年連続優勝なんだそうで…不思議です。

kikuの学校にはテント付きの父兄観覧席が設けられていたのですが、「【応援合戦】は人文字を作るから上からビデオを撮らないとダメ」というkikuの言いつけを守ってひとつ前の競技からテントを離れ観戦していたら真っ赤に日焼けしてしまい、その後腕は皮が剥けてボロボロ…。
散々な目に遭いました (;´д`)トホホ…
もう、日焼けなんてしたくないのにぃ~ o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

体育祭の後はチームの打ち上げだとか、マスコットメンバーの打ち上げだとか…横浜駅にもろくに行かれなかったkikuなのに一端の高校生生活を楽しんでいます。
祖父や主人は帰りが遅いので心配してますけどね… 
( ´艸`)プププ

そして最後はmiiの体育祭。
kikuの体育祭から約1ヶ月後のことでした。
梅雨真っ最中sign01
週間天気予報はず~とず~~と雨マークrain
そしてせっかく主人もお休みを取ったのにやっぱり延期down
いつできるのか全然予定が立たない状態に親も子もヤキモキ。
週明け、強行突破みたいな感じでやってしまいました。
miiは体育祭が大嫌い…もちろんテンションもdown
だから見に行く方もdown
見に行っても嬉しそうな顔ひとつしないしね…。
平日開催でしかもやるかどうか微妙な状態での開催だったんで主人はもちろん出社。
近くに住む祖父が家と学校を2往復して見に来てくれました。
miiの出番も寂しいもんで午前に【50m走】、午後に学年全員参加競技に出たのみdown
あまりに寂しいビデオになりそうなので競技の前の【ラジオ体操】も撮ってあげましたよ 
┐(´д`)┌ヤレヤレ
2年連続ふて腐れたmiiのラジオ体操は、きっと後の笑い話になること必須でしょう (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

そんなこんなで終わった今年の体育祭。
考えてみると15年も観戦しているではありませんかsign03 
モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

そこで3人の初めての運動会の写真を引っ張り出してみましたcoldsweats01
カメラがいいものでなかったでイマイチなんですけど、雰囲気だけでも…coldsweats01

まずはyoshi。
保育園時代で4歳2ヶ月です。

Photo_4_4

手が汚れるのが嫌いなおっとりした子でした。

そしてkiku。
保育園時代で2歳0ヶ月です。
これは『げんこつ山のたぬきさん』を踊っているところ。

Photo_2_5

この頃から踊ることと走ることが大好きheart04
運動会大好きheart04少女でした。

最後はmii。
幼稚園時代で4歳5ヶ月です。

Photo_3_3

クラスで一番背が高いけど内気でおっとり。
今と全然変わってません…。


保育園時代はmiiをおんぶしながらのビデオ撮影、もちろん親子競技は必須。
幼稚園、小学校時代は朝4時起きで主人は場所取り、AKIは7人分のお弁当作り。
そして3人小学校に在学していた2年間はプログラムの半分以上の出番にカメラやビデオを持って校庭を駆け回ってましたsweat01
中学に入ったら、親の出番や場所取りはなくなったし、お弁当も中学生の分だけ用意、あとの人は家がすぐなんで自宅で済ませてました。
そして来年からは2人、そして1人となっていくんですよね。
ほっとするような…寂しいような…複雑な気持ちですthink

続きを読む "やっと、終わった~~!!" »

感動の最終回!

『タンブリング』とうとう終わってしまいましたね。

8huk00_480

毎回毎回泣かされてしまいましたが、最終回は感動の涙…涙でしたcrying
いつもは1回しか見ないAKIも最終回の録画は消去することができず、今日再び最後の演技を見てまた泣いてしまいましたcrying

本来AKIは【不良】、【けんか】、【青春】がテーマのものは好きではありません。
『タンブリング』はまさにソレ。
全然見る気ゼロでした。

それを何故見始めたのかというと…毎週録画をしている『王様のブランチ』に彼らが出演し、番宣を目にしたからなんです。

5gnd15_480

4月、高校に入学したkiku。
「高校に入ったら美術部に入ってもっと画力をあげるんだ!運動部には入らない!」と言っていたのでAKIもすっかりその気でいたら何日もしないうちに「体操部も入る」と言われ、はっきり言って驚きました。
小6まで機械体操は習い事でやっていたのですが、【マット運動】や【跳び箱】程度。
高校の体操部といったら【跳馬】に【床運動】に【段違い平行棒】じゃないですかsign02
そんなことが高校からいきなり始めてできるものなのかと…sign02think
でも幼い頃から恐怖心なんてものがないkikuはやってみたくてしょうがないようで入部してからは美術部よりもドップリ浸かってやってます。

2年生の先輩がいないので、まるっきり初心者で右も左もわからないというのに5月には早くも部長になって、先輩が作ってくれたメモを見ながら部をなんとかまとめているようです。
幸い先生が元体操選手ということでしっかり指導をしてくれているので助かってますが…。
何でも急激に夢中になってしまうkiku。
体操も例外ではなく、まだ6月だというのに骨盤には平行棒でできた痣、体は痩せるどころか肩はすでに筋肉マッチョになってしまい、恋愛は遠のいてしまいそうですweep

75281_201004130790193001271142399c

そんなkikuを毎日見ていたAKIは『タンブリング』で頑張ってる彼らの姿と重なってしまったのです。
彼らはもともと運動神経がいいのでしょうが、この役のために8ヶ月という長きにわたって練習に練習を重ね、最終回にあんなにも素晴らしい演技を見せてくれましたsign01
また、【新体操】以外でも【友情の大切さ】や【自分の居場所】、【親と子の関係】などもテーマになっていてそれがすごく良かった…。
男の子は高校生くらいになると体は親を抜かすほど大きくなり、あまり多くのことを話さなくなります。
子どもによっては干渉されるのを嫌がったり、親と確執ができたりすることもありますよね。
まぁ、その子その子で差はあるにしろ、大人に成長するために必要な過程なのかもしれませんが…。
でも、実際はいろんなことに悩んだり、心が折れそうになったり、親に認めて欲しかったり、聞いて欲しかったりしているんじゃないかとこのドラマを見て思ったんです。
男の子に限らず女の子も、目や心の中では見てて理解しててあげたいなと思いました。

そしてそしてAKIは『タンブリング』でキラッshineと光る俳優さんをまたまた発見してしまいましたsign03
それは、赤羽礼治役の伊阪達也さんです。

6gshsa_220

何かと山本裕典くんたちに絡んでくる不良グループのリーダーだった方です。
失礼なことにこのドラマを見るまで全く知らなくてす、すいませんヾ(_ _*)ハンセイ・・・
目力があって歯がすごく綺麗で存在感があって…。
後半すごく気になる存在でした。
きっと何年後かは雑誌の表紙を飾る方になっているのではないでしょうかsign02
結構AKIの見るeyeは確かだと子どもたちの間では評判です。
待っていてくだちぃ ( ´艸`)プププ

mii 自信過剰???

ある晩、AKIは誰に訴えるというわけでもなく一人愚痴っておりました。
「MさんにはHG様がいるし…、Oさんにはユウくん…Kさんにもジョニデがいていいな~~~。AKIにはケンちゃんしか…ケンちゃんしか…いない…crying

たまたまその時AKIの隣にはmiiがいて…。
すかさずこういうのです…。

「お母さんには俺がいるじゃないか good

その言葉を聞くや否やAKIはeyeを見開き…。
そしてmiiの顔を無言でジ~~~~~~と見つめたのでした。

すごく長いこと見つめていたように思うのですが、実際のところ5秒も経ってなかったかもしれません。
その間AKIが思っていたこと…。
それは……

「この子目が悪いのsign02それとも頭が悪いのsign02crying」 

無言でAKIに見つめられてたmiiはたまりかねて数秒後には( ̄ー ̄)ニヤリ

AKIは断言しますsign03

何年経とうが何十年経とうがmiiにはケンちゃんの代わりは務まらないと…

o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

つまらない話題に付き合わせてしまったお詫びに最近AKIが掘り出した松の懐かしい画像でお口直しならぬお目々直しをしてくだちぃ。
 
もし…時間が巻き戻ってもこの時のケンちゃんを好きになるかは微妙ですが、今このような男の子がデビューしたら間違いなくファンになることでしょうgood


これは2007夏の「hanako west」のものです。

Photo_6   

元画像が良くないのでちょっとピンぼけなんですが…。
BOONの初お披露目の次の号のものです。
何とも初々しい16歳のケンちゃんです    (*^ー゚)b
AKIはこの雑誌がすご~く欲しいのですが、なにせ高額で今のところ手に入れられてませんcrying

Hanakowest_01150

AKIは今までこの画像を一度も目にしたことがなく、あまりの可愛さに人目惚れlovelyをしてしまい、めっちゃ安く譲っていただきましたsign01


これを目にしたことのある方は多いのでは…?
2008,12のピクトアップです。

01_10

02_8

このカムイ風のケンちゃんが大好きで思わずバックナンバーを買ってしまいましたsign01

これはたぶん「誰キス」の打ち上げ?もしくは飲み会なんじゃないでしょうか?
しっかりアントン・イェルチンさんと写ってますから…。

Img_979696_22133529_1

ん~~~think
やっぱりアントンさんはハリウッド俳優なだけあっていかなる時もスター顔なんですねぇ~。
そんな方と一緒だからかいつになく2枚目のオーラがあるケンちゃんです。
それともまだ飲んでないのかな?
なかなかいい写真でしょ?

これは記憶に新しい昨年秋放送の「チューボーですよ」に出演した時のケンちゃん。
「トング外伝sign02

200903j

挙動った目が好きでしばらくAKIの携帯待ち受けになっておりましたcoldsweats01
失敗作の「カルボナーラ」もハムスターのような頬をして完食したケンちゃんの性格の良さに益々好きになっちゃいましたよ (*´Д`*)


あれ?miiネタよりケンちゃんが主になっちゃった…まぁ、いいか 
(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

続きを読む "mii 自信過剰???" »

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

松山ケンイチ

  • 2012_12
    AKIが独断と偏見で選んだケンちゃんの画像の置き場! リニューアルしました。 見てね!
無料ブログはココログ